住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

雨洩り修理1(古い建物で危険な事例)

過去にアップした事の有る内容を

解り易く編集した記事も混じります。

 

危険な雨洩り修理工事例です。

現場は古い木造建物で壊したいけども

御客様が物入れ代わりに使用中で人は住んでいません。

二階の端付近(ケラバと呼ばれる)が台風など強風で

旧式のセメント瓦が剥がれ一部が落下しかけています。

f:id:kubataasisuto:20210126152622p:plain
一階の屋根瓦にも上からの落下物で破損して割れたままです。

f:id:kubataasisuto:20210126152653p:plain
この屋根瓦は俗称(セメント瓦)又は

(厚形スレート平タイプ)(2本線タイプ)
など他にも地域によっては様々な呼び方が有るかと思います。

割れた部分の差し替えに必要な瓦は新規製造販売は無く

他の現場で屋根解体時にストックしている場合などで

入手するしかありません。

屋根工事専門店には時々中古販売している所が有りますが、

いつでも有るとは限りません。

瓦の修理はなんとかなりますが問題は

・・ハフ板が剥がれかけて落ちる寸前!

f:id:kubataasisuto:20210126152724p:plain
落下したら下は貸し駐車場の屋根なし青空Pです。

駐車物に直撃は時間の問題!
そして、もし・・

人に直撃したら・・大事故になります!

f:id:kubataasisuto:20210126152752p:plain

境界ギリギリの建物で、すんなりと足場設置が困難です。

 

事前の現場調査も建物が古ければ・・

うっかり屋根に上がると踏み抜き転落などで危険!

何処が比較的安全でどこが絶対ダメか?

事前に察知しておかなければ対処は出来ません。

f:id:kubataasisuto:20210126152820p:plain
この雨洩り修理は足場仮設・大工・屋根瓦・防水など

多様作業とリスク回避が必要で熟練対処が必要です。

 

それらは、すべて着手前に事前調査に基づき

全工程の内容を推測し十分な対策で取り組みます。

それでも絶対、完璧は無いので作業時には

念のために駐車は避けて頂く事前策も必要。

取りあえず簡易手順で実施する事を選択して

本格的な足場を外注せずに簡易仮設で着手。

f:id:kubataasisuto:20210126152846p:plain
2階の妻側での作業が出来る範囲で、ごくシンプルに

足場仮設をしました。

f:id:kubataasisuto:20210126152918p:plain
二連ハシゴと脚立と単管とクランプや

木製バタ板の組合せで最小限仕様です。

足場仮設の安全に関する要所は上部の開き倒れ止めや

下屋根上の脚立の足元スベリ止めなどが重要。

対処度合いによっては、もっと丁寧に足場組は

仮設する必要が有ります。

まず、ハフ板の剥がれ部分をまじかに見ると・・

びっくり!
元々、寸法ミスか寸法足らずで失敗したのを

無理に継ぎ足したのか?母屋端に短い継ぎ当てをしています。

f:id:kubataasisuto:20210126152957p:plain
桁のケラバは特に雨水の影響で腐食がひどい!

危険!こうなるには長年の雨洩りを

放置していた為の腐食結果でしょう。

f:id:kubataasisuto:20210126153032p:plain



知らずに屋根上から端の方に体重を掛けて身を乗り出すと・・

破損し、確実に転落!労災事故!

・・となります。

f:id:kubataasisuto:20210126153058p:plain
この状況は事前に下から見た目の判断で推測済みでした。

 

とても、やりにくい条件ですが・・ひるまず・・

面倒くさがらず・・嫌がらず・・対処!

こんな場合は電動道具の仕様よりもアナログの手道具で

補修が安全となります。

予定通りに壊れたハフ板は取替えし、腐食したタルキも

一部補強し屋根瓦も差し替えします。

f:id:kubataasisuto:20210126153131p:plain
ハフ板の塗装もして完成です。

 

ケラバ専用瓦は希少な役物なのでストックが無く
予備用の地瓦を切断して納めました。

 

隙はコーキングで埋めて間に合わせ補修。

中古瓦の役物で左勝手が二枚、手に入れば改めて

差し替えする事は出来ますが、いずれ壊す予定の建物には

必要無いので御客様に事前説明し承諾の上で実施。

場合によっては費用がアップしてでも最初の納まりに

近い仕上げを希望される場合も有ります。

この案件対処は物件の将来的な維持目的と

現状の危険回避の度合いで総合判断が必要です。

恐れていた転落や落下飛散物の被害なども回避しながら、

なんとか解決しました。

f:id:kubataasisuto:20210126153200p:plain
これで近隣への危険も無くなり、壊す時までの

雨つゆは十分に凌げると
御客様は大変喜んでおられました。