住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

普及品ダイヤコアドリル試用

モルタル塗り外壁に穴あけする時は

穴あけのサイズによって用具の選択は様々です。

 

ビス穴程度の小さな物より、もう少し大きめのサイズで

あける場合は電動ドリルを使いコアと呼ばれる

先端切削工具で穴あけします。

 

あける相手の材質によって刃の材質や

形状が大きく異なります。

 

今回は工業用ダイヤモンドの粒を電着した

コア用具を試用してみました。

ダイヤコアビット01.png

直径8㎜~50㎜ほどのサイズで10個セットが

¥1500程度で売られています。

 

一個だけでも、それぐらいしそうですが

持っておいて損はないです。

 

唯一の不満はインパクトドライバーに簡単差込みで

使用は出来ずドリルやチャックアダプターで

取り付けなければならない点ですが

・・その程度は妥協範囲です。

 

室内の既存コンセントから近場の外壁に

防水コンセントなど増設をする場合に
電力容量が大きくない場合は近場の既存配線から

取りだす事は多いです。

f:id:kubataasisuto:20210126160422p:plain
コンクリートドリルの太い物を使用すれば、

あける事は可能ですが切断した切り口が

ガタガタになり易く精度も悪くアバウトです。

 

配管パイプなどを貫通し穴が深い場合や見栄えが

必要無い時には問題なしです。

 

今回は安価で簡易なダイヤモンドコアを

試し使いしてみました。

見た目がチャチな作りなので実用的には無理かなと

思いましたが結構使えました。

センターの下穴が無くても最初がズレないように

工夫すれば不要で開けられます。

工業用粉体ダイヤを電着しているのでモルタル外壁への

切れ味は良いです。

とりあえずモルタル部分は無理なく開けられました。

f:id:kubataasisuto:20210126160450p:plain

使用時には少し回転にプレが有りますが・・

 

これは切断面の詰りを無くすための遊びか?とも思われますが
単なる製造過程での精度不良による変形のブレなのか?

ドリルのセンター不良でのブレなのか?は不明です。

 

余り気にする必要は無い程度です。


次に奥のラス地板の木部も厚くないので、そのまま使用し

切断しましたが無理なく完了。

その奥に有る部屋内の既存、配線ボックスの裏側の間にある

土壁と木舞竹も貫通しました。

f:id:kubataasisuto:20210126160513p:plain
木材系の材質に穴あけするホルソーよりも刃が大きくないので

穏やかに切断できて、まったく問題無しで厚さ30㎜程度の

モルタル外壁と土壁は簡単に開けられました。
 

貴重な失敗体験としては・・

 

内部から見た埋込ボックスには手加減のミスで

余計な貫通キズが付きました。

あまり深く押し付け過ぎたのが原因ですが

影響は無いキズですが見た目は悪いです。(^_^;)

f:id:kubataasisuto:20210126160544p:plain
樹脂のボックスなので簡単に切れてしまい

切り込み過ぎキズから外の明かりが見えます

 

真ん中の2㎝程度の穴は最初から埋込ボックスに

付いている配線貫通用のパンチ穴です。

 

余計な、ためらいキズは外側の切り傷です。

もっと深く切り込み過ぎていたら生きている

既存配線まで切断してショートさせれば大問題です。

それらは最初から警戒して手加減を心得ての結果でした。

 

木造外壁モルタルと土壁での貫通は簡単でした。

しかしRC造で砕石混じりのコンクリートは、

この程度の簡易な工具での穴あけ切断は困難でしょう。

無理やり使用するなら時間を掛けて摩擦熱を水で冷しながら

対応しなければならない気がします。

 

それでも電着ダイヤは擦り減り1~2回の使用で

使い終わりかと思います。

コンクリート壁面には、それなりの用具に変えて

使用しなければなりません。

高価なコンクリート用コアビットが必要でないなら、

この程度の簡易工具で十分でした。