住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

ハンマードリル(床下基礎貫通の施工例)

先の事例で薄いモルタル外壁の貫通には

簡易なダイヤモンドホルソーでも有効を試しました。

今度は砕石混じりの硬いコンクリート基礎の貫通で

ハンマードリル使用例です。

貫通目的は汚水管の増設配管を通す為です。

 

白アリ防除などで床下の基礎が閉鎖され出入りできない場合の

開口手段にも多用する共通例。

作業場所は建物の中央付近で間仕切り基礎なので

外部から楽々とは開けられません。

まだ救いなのは和室、畳間の下なので粗床板を一時撤去し

作業の近場を開口し出入り口にできるのでやり易い条件です。

f:id:kubataasisuto:20210126161423p:plain
しかし作業する時の姿勢、体制は床下に潜り込み

寝転んでハンマードリルを使用しますので
かなり体力と要領を要します。

そしてハツリ作業時の粉塵など吸い込み防止の

防塵マスクは最低限必要です。

もっと長時間、大規模に作業する場合は送風機で吸気や

排気ダクトを考慮して室内にも粉塵を、まき散らさないように

対処しなければなりません。
 

まず、いきなりどこからでも斫るのではなく

切断、開口領域の外側を15~18㎜コンクリート用ドリルで

捨て穴を2~3cmピッチであけます。

100㎜以上の大口径コンクリート用ホルソーで

丸穴を開ければ楽で早いですが・・とにかく

道具が高いし、狭い場所で大きい電動工具

反回転の反発力を手に受けると骨折の危険有り!

めったに使用しない工具への投資は不経済なので

必要ならリースですが・・高額の刃は自分持ち。

先端工具の大口径コア部分は何万円もします。

あける位置は・・こんな状態。

(写りが少し手ぶれなので見にくいです)

f:id:kubataasisuto:20210126161449p:plain
基礎の土台を固定するアンカーボルトが所定の位置に

入っている付近は極力その位置に穴をあけるのは

避けなければなりません。

そして基礎本体の縦筋・横筋の位置が有るなら

・・出来る限り避けます。

この作業に要する歩掛り時間は一ヶ所で約一時間程度でした。

狭い場所に限らずハンマードリルなどブラシ付モーター電動工具

使用する場合は、お決まりの基本要領で優劣の差が出ます。

具体的にはモーターの冷却風の吸い込み部分から地盤の

土や砂、埃を吸い込みモーターの電極

カーボンブラシ部分を傷つけてしまう事

で工具がストップしたり消耗を早めて故障が早くなります。

 

そして作業中にはモーターの中に入り込んだ異物が

排気ファン口から四方八方に飛び出し

作業者の顔や体に強く跳ね当たり痛い目にあいます。

 

もし目に這入れば即、病院病院行きです!
ハツリ要領ゴミ吸い込み防止
初歩的ですがとても重要なゴミ吸い込み防止策は

他の似たような電動工具にも通用する共通ポイントです。