住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

排水配管(汚水配管の増設)

基礎貫通の続きとして配管の増設例です。

目的は水洗トイレを二階のベランダに増設です。

水洗トイレ増設のポイントは汚水配管のコースと

納まりを最短距離
シンプルに納めるのが大切かと思います。

それに伴う給水配管や雑排水の配管は汚水配管の

コースを優先にして納まりさえすれば
大きな問題にはならずに進められるかと思います。

汚水配管は自然に排水できる高さ、勾配で納まりを

付けられれば、さほど問題、無いかも知れませんが公式なら

様々な基準が有ると思いますが、それは解りません。(^_^;)

高さや勾配などに関しては管工事での詳細基準が色々有っても

認定業者さんが施工した場合でもしかたなく、

無理な納まりを実施している事は多く見られます。

配管コースは設計、計画は机上判断だけでなく現場の実状や

掘ってみないと解らない事も多く、難しいです。

既存トイレとは中間位置にある間仕切り基礎の貫通後に

YU又はVP75~100パイプを仮差込して

無理の無い高さと勾配を確認しつつ決められる所から

仮設や着手するのが有利です。

f:id:kubataasisuto:20210126161811p:plain
全体や末端などの納まりは、なるべく詳細まで推測し

考慮を重ねての着手となります。

行きあたりバッタリのアテガイ施工では大きな読み違い

となり納まらない事が有ります。

許可申請が必要な汚水配管の場合は埋設納まりが基本で

露出配管は色々な安全策が必要とされます。

公共関係の設備配管工事は色々な決まり事・規定が

厳しいらしいです。

ここで掲げている事例は、そこまでしなくても良い程度の

ド素人の内容ですので、どこでもは通用はしません。(^_^;)

次はいよいよ最大のポイントとして

既存トイレ汚水配管への接続へと続きます。