住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

トイレ増築2(躯体01)

前ページからの続きです。

 

躯体作りは簡単な部類の壁パネル工法です。

既存のアルミバルコニーとアルミルーフの構造材が

すでに有るので強度的には、あまり頑丈さは必要なく

簡素な仕様です。

室内や外部の空間を多く取りたいので余計な壁厚に

ならない様に寸法は絞りました。

構造材は断熱マット材の100㎜厚を強引に入れる為に

キツイですが90×30の間柱材を枠組み材としました。

それに厚12㎜のポプラ材の合板を

内壁クロス貼り用下地で内壁構造材と兼用にしました。

f:id:kubataasisuto:20210126173138p:plain



簡素な作りを承知ですので本格的な納まりでは有りませんので

何処でもは通用しません。

 

断熱材が壁の中でギュウギュウ詰めなので

壁内の通気性はほとんど無いです。

 

外壁と内壁の間に換気層を設けるエアーサイクルなら

これではダメです。

次に進みます。