住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

トイレ増築2(躯体03)

前ページからの続きです。


トイレ簡易仕上の増築として外壁下地の参考事例です。

既存のアルミバルコニーに増設する為に極力、軽量、最小床面積、

ローコストの納まりで実施しますので外観も各所に限定があります。

最初の設計で、まず優先にしたのは避難スペースの確保です。

 

既存バルコニーは二階の二部屋に渡り長いです。

f:id:kubataasisuto:20210126174139p:plain
非常時に二階から一階に降りられない場合は隣の部屋から、

どちらかへ緊急避難する必要があります。

よって中央に位置する増設トイレで分断しては

緊急時に避難が、できないのです。

すり抜け出来る程度のスペースが必要の為、外壁と

バルコニー手摺の間に通れそうなスペースを設けてあります。
 

内装などトイレ増築部本体に中途半端な予算を掛けるよりも

避難条件を優先にしたプランです。

 

そして二階にもトイレが有った方が絶対便利の希望実現です。

 

屋根はブサイクですが波板の二重構造としました。

軒先用の雨トイは上屋根が飛んで無くならない限り

雨は当たらないので不要です。

f:id:kubataasisuto:20210126174213p:plain
サイディングの外壁を張る前の透湿シート張りですが

・・パンッ、パンッに膨らんでいます!

これは間柱寸法より断熱マットが厚い為に膨れて、

みっともない状態です。

薄物の断熱マットを使いたいですが仕入れ値は・・

薄いのに100㎜よりも高価!

断熱材が入手困難で何ヶ月も入荷待ちの頃だった為に

厚過ぎる物を無理に使用。

外壁のサイディング板で押え付け仕上するまでの我慢です。

これで一応2階トイレ簡易仕様の躯体部分が

箱物として形が出来ました。

 

次に続く。