住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

古い外壁下見板の修理

かなり痛みが激しい古い建物で外壁下見板の補修です。

過去の事例ですが現在も稀に存在する外壁下見板です。

もう製造はされていないかも?

古いタイプの耐水合板の塗装仕上系の外壁板です。

一部補修用に必要でも在庫物を持っている所から

だけしか入手は困難でしょう。

防火性能は、まったく無いので需要は極端に減少しました。

この素材は、いったん痛むと急速に剥がれます。

 

強風や暴風雨には脆いです。

修理前の状況はトイも外れて、こんな感じです。

f:id:kubataasisuto:20210127095633p:plain
見積りの要点は施工範囲を予測すれば働き寸法と

枚数で必要枚数は推定できます。

高さも一枚物で足らず継ぎ足しですが、

これも上に上がり実寸を計らなくても

写真に撮ってからその縮尺や比率で高さ寸法も、

ほぼ推測できます。

しかし・・

現場は間近に見て、体感を伴った現場判断が必要です。

そこで上がって見ますと・・こんな感じでゾクッとします。

f:id:kubataasisuto:20210127100057p:plain
あまりにも板金屋根の痛みがひどいのです。

昔の板金は厚ついので、辛うじて持ちこたえているようですが、

明らかに限界です。

うっかり脚立の足を直に立てて

一点に荷重が掛かると屋根板金を突き破って
さらに部屋の天井も突き破る
リスクは大いにあります。

足元にはバタ板の養生仮設が必要であり、もし

タルキも腐食していれば
屋根下地まとめて陥没のリスクもあります。

よって仮設足場の手間掛り予測は標準の

1.5倍以上の予算を考慮します。

危機感は体感と真近に見る現場対処でないと判断を誤ります。

商談も成立し、さっそく施工に入ります。

脚立は今現在は安全上で、ほとんど使われにくくなった

昔の丸パイプ脚立でした。

こんなに高さが、まちまちな現場では足元の

アジャスト金具がとても価値が有ります。

問題は足元が陥没した時に上が外に動き倒壊し

転落する恐れがあるので必ず

脚立上部付近に控えロープで繋ぎ止めます。

常に脚立のバランスが崩れる事を警戒しながら

外壁の張替を進めて完了です。

f:id:kubataasisuto:20210127100005p:plain
足場も外して外壁修理の終了と、なります。

f:id:kubataasisuto:20210127095935p:plain
このように下見板の長さ足らずで継ぎ手が必要な時は

位置を下にした方が道路から斜めにみれば見えにくいですが

・・雨水が下の方ほど染込みやすいので
防水上の理由で上部が無難かと思います。

継ぎ手の位置決めで見た目だけの判断でも上が小さく

下が大きいほど安定性を感じます。

 

そんな意味で縦継手のラインは上部が無難だと思います。

この手の外壁材は縦、継ぎ手部分には突き付けや

コーキング目地では無く水切り板金で分離します。

 

下見板自体の側面継ぎ手は合いジャクリの半被せ仕様です。

とても薄く壊れやすい仕口です。

 

合いジャクリの半被せなので見る方向次第で

隙間が見えたり見えなかったりします。

やはり・・

見られる方向を意識して被り勝手の向きを

考慮して張るのが大切

です。

f:id:kubataasisuto:20210127095902p:plain
逆向きは目違いが大きく食い違い、膨れの隙間で

見た目が悪くなります。

これは波板材や和室の竿縁天井を張る時にも同じ理由で

方向性を検討する場合が多いです。

そして雨の吹き込み方向が多い方角なども考慮して

被り勝手を決めると定まります。

以上で旧式タイプ下見板、化粧外壁合板の補修事例でした。

 

この手の素材を再び張替えなどで新しい物を手にする事は

今後は無いと思います。