住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

バルコニー補修1(木造の施工例02)

前ページからの続きです。


床梁の仕口加工は多分、台持ち継ぎ手?

と呼ぶのでしょうか?。

縦方向の荷重には強いです。

f:id:kubataasisuto:20210127141551p:plain
現場へ行く前に作業場で、なるべく、

たくさん仕口加工をしておきます。

床梁の取替えは一本づつ横から入込みする為に

継ぎ手の縦目地ホソは無しです。

ボルト二本で縦繋ぎ締め込みの納まりにしました。

f:id:kubataasisuto:20210127141615p:plain
塗装は先にやっておかないと取付後には塗れない所が

たくさん有りますので先行塗装です。

根太掘りは現場で既存の位置に、ほぼ合わせなくては
樹脂デッキ材の再利用が上手く行きません。

f:id:kubataasisuto:20210127141640p:plain
この木製バルコニーの床仕上ですが・・

最初から樹脂デッキではなく
当初は目透かしの木製スノコ板だったようです。

雨水の滴りを受ける為とゴミ落ちなどを受ける為に

床板の根太裏で塩ビ波板を張っています。

大きく腐っていた床梁も無事取替えを終えて

根太の悪い所も取替え、修理は完了しました。

f:id:kubataasisuto:20210127141706p:plain



大きな改良点は床梁の天場にカラー板金の笠巻きを取り付けて

雨曝しを少なくした所です。

今度の補修が必要になった時は全部解体して

水腐れしないアルミ製に全面取替えが無難です。