住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

手摺取付1(浴室の施工例)

まだ介護保険が普及する前の頃に

浴室への手摺取付事例です。

介護保険が一般的になってきた現在でもそうですが

高齢者が使用する浴室の手摺取付でも要介護の認定が

通る症状でないと保険適用には、ならず

自己負担となります。

介護認定を受けられて施工費用が九割節約でき

金銭的にメリットが有っても全額自己負担でも

介護症状が無い方が良いのでは?

・・とも思い価値観は人それぞれです。

この現場はステンレス浴槽の出入りに直接

ステンレスバーを付けてほしい、・・の御要望でした。

f:id:kubataasisuto:20210127142809p:plain
洗い場から浴槽の出入りに高さを変えて斜めに

タイル壁面に付けてほしい、・・と御希望でした。

f:id:kubataasisuto:20210127142833p:plain
御客様の御要望に応じて介護保険に関係なく

取り付けさせて頂きました。

今ではもっと細く短く握り易く凸凹のついたソフトな

感触の樹脂バーがありますが当時の手摺部材は

とても高く予算に合う通常タイプのステンレス生地で

樹脂カバー手摺を直付けしてこんな感じとなりました。

f:id:kubataasisuto:20210127142809p:plain
タイル壁面には当時もL字型タイプの手摺は有りましたので

お勧めしましたが、このような変則高さを

好まれたので傾斜して取付けました。

f:id:kubataasisuto:20210127143048p:plain
ステンレス素材に樹脂皮膜は当時も高価でしたが

今でもメーカー品と普及品では
それなりの価格差は依然とまだ有りますが

品質はあまり差が無くなりつつあります。

今ではアルミ素材で樹脂皮膜のタイプが安価で普及しています。

最近使用し始めましたが強度的には現時点では問題はありません。

しかし耐久性とアルミの酸化の腐食度合いがどの程度か?は
実用年数での経過をみて見なければまだ安心はできません。

 

素材の品質が云々よりも・・

取り付け方の信頼性度合いの方が重要だと思います。