住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

タイル隙間シーリング1(浴室の施工例)

手摺を取り付けた同じ浴室の追加工事で

シーリング事例です。

 

タイル壁面や床面などには良く有るパターン。

 

目地の痛みで割れや汚れなどの補修です。

f:id:kubataasisuto:20210127144238p:plain
事前処理としては古い塗膜や欠片、コケ、油膜・・

などは丁寧に除去します。

そして湿気など水分付着のままは接着不良となりますので
エスで乾拭きし、まだ湿り気があれば強制的には

ドライヤーなどで乾燥させます。

要点は広過ぎず狭過ぎずのテーピング養生作業です。

コーナやT字など交差部分は巾をそろえて張り

丁寧にカッターナイフで切込み仕上げします。

f:id:kubataasisuto:20210127144301p:plain
コーナー部分は必要に応じて養生テープを

曲線に切り取る場合もあります。

f:id:kubataasisuto:20210127144323p:plain
タイル目地の引っ込んだ所はテープも押え付けて

引っ込ませておかなければシーリング剤がテープと

目地の隙間から外にはみ出して仕上がりが、とても汚くなります。

f:id:kubataasisuto:20210127144343p:plain
その他、要所の基本技能は、かなり有ります。

機会を見て詳しくアップできるかも知れません。

シーリング剤はシリコンで必ず防カビ系が浴室用は無難です。

充填後は速やかにヘラや指の腹などに灯油などを付けて

押え均しで綺麗に伸ばします。

f:id:kubataasisuto:20210127144409p:plain
コツはテープの端でシーリング剤の厚みをゼロにする事です。

被り過ぎるとテープを剥がした後に引き千切れたようになり

綺麗に仕上りません。

少な過ぎるとライン巾に届かず薄過ぎて下地が見えてしまい

巾が狭くなり仕上不良です。

押える時期は早過ぎるのは良いですが

遅過ぎて硬化時期にはいると表面がヨレてしまい
シワやブツブツになりとても汚くなり売り物にはなりません。

押え仕上は2~3回で・・多くとも4~5回以内で

速やかに表面仕上げをします。

所要時間は気候にもよりますが遅くとも30分以内には

仕上ないと時間切れとなり、ヨレが始まり

触る程ますます悪くなり時間が経過するほどさらにダメになり、

すべてやり直しにもなります。

f:id:kubataasisuto:20210127144436p:plain
仕上後の養生テープはあまり長く貼り置きし過ぎると
被り厚さが残っている部分などはシーリング剤が

綺麗に切り離されずゴムを引きちぎったように、

ささくれて仕上がりが汚くなります。
 

タイルやアルミサッシのように表面がツルツル面ではない

大粒ザラザラの塗装吹き付け仕上や左官仕上げの

掻き落とし仕上げ面にはシーリング剤が上手く乗り切らず
テープの端も綺麗に決まりにくく、とても難しいです。

 

近年ではブツブツ面などへの専用養生テープが

販売されているのでやり易くなりましたが

凸凹は仕上げが難しいのは変わりありません。

汚くなってしまった失敗例とすれば・・

下の画像で、こんな感じになります。
大粒、砂状吹き付け面は上手く仕上がらない。
以上でシーリング施工例は終わりです。