住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

建具金物修理1(スライド丁番取替え)

玄関内の下駄箱用建具が故障し

スライドチョウバンの取替え事例です。

縦長のフラッシュ建具に片方だけで4個付いています。

そのうち2個が破損し開閉不良でもあり、

後1個が破損すれば扉が倒れ危険です。

この案件では納まり種別では内付け・半被せ・全被せ

3種類から判別し適合種別を決定します。

この現場では半被せタイプです。

f:id:kubataasisuto:20210128091059p:plain
このタイプの欠点は約90度付近で建具が枠に当たります。

それ以上あけたり負荷が掛かると金物が破損したり、

固定ビスが抜けたり、すぐ故障します。

f:id:kubataasisuto:20210128091119p:plain
直ぐ隣に別の建具が連続して存在する場合は

扉の厚みが有る為に全開はできません。

よって、しかたなく半被せのタイプが使用されます。

f:id:kubataasisuto:20210128091139p:plain
クローゼットの扉や家具系なども、よく似た納まりですが

微妙に納まりが異なる事が多いので注意。

 

扉が本体よりも外付けの被り勝手になる場合は
開閉角度には無理が生じる事になります。

金物によっては角度が大きくなるように

改良されてはいますが、やはり限界はあります。

現実的には1個の金物が破損すると残りの金物は

負荷が増し次の故障は早くなります。

扉側への取付位置の埋め込み穴は

簡単に変更する事ができません。

本体側の取付位置はメーカーによって

微妙に変わります。

むしろビス穴は同じよりも、大きくずれてくれる方が

取替えの場合は固定しやすくなります。

ヘタに近過ぎてビス穴が半分ほどズレていると

ビスの効きが不安定になり外れやすくなります。

現場では下部の方は棚用のスライド金物のレールが

埋め込まれている為に
チョウバン金物の取付ビスと干渉しています。

f:id:kubataasisuto:20210128091209p:plain
当然ですが扉一枚に付いているチョウバン金物は

4個のうち2個がまだ破損していなくても
取替えは4個すべてを変えるのが無難です。

それは回転角度のセンター位置が微妙に変わる為に
既存物を残すと歪みが生じる事があるからです。

そして耐久年数の限界も考慮して惜しむこと無く

4個すべてを変えるのが無難です。

f:id:kubataasisuto:20210128091233p:plain
現実的には、破損していない物を隣の扉の故障部分と

取り替えて旧式と取替え新品との種別を統一して組み替えてから

補修金物を振替えローテーションする工夫も出来ます。

ビスの止め方は強力な電動工具で無理に締め付けると

バカ抜けになるので手作業で負荷を感じながら捻じ込むのが

バカ緩み防止策としてはベストかと思います。