住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

増改築2-10(浴室・洗面・トイレ)

前ページからの続きです。

 

増築部分の建込は簡単ですが既存部分には補強と

改良を施しながらの組立が必要。

f:id:kubataasisuto:20210128132118p:plain
一部分は古い柱を抜きながら弱い梁や別な柱を補強しながら

構造部材の改造をします。

建込み時には屋根仕舞いも野地板張りに至り

雨水塞ぎの養生が出来る程度までを優先に進めます。
 

躯体作りの外回りと同時に内部の配管も全体の流れに

支障が無い程度で土に埋め込む部分は不要な配管を

撤去しながら新設や改造配管を切り替えしながら進行。

f:id:kubataasisuto:20210128132150p:plain
浴室と洗面やトイレ付近は慎重に全体の仕上位置も決定した上で

水栓口の位置なども決めます。

 

各種仕上げ予定の住設機器など納まりに基づき正確な

各種配線、配管の施工が必要で重要な工程。

 

とりあえずの行き当たりバッタリ施工では

偶然上手く行くより失敗の確率が高くなります。

f:id:kubataasisuto:20210128132232p:plain
この段階が色々と注意が必要な場面で

施工監理の役割が成否を左右する大切な時期です。

f:id:kubataasisuto:20210128132301p:plain
被覆銅管とHIやVPなどを使用した配管が終わり

水圧テストで濾水無しを確認してからユニットバス用の
ベタコンクリート基礎を打設します。

f:id:kubataasisuto:20210128132400p:plain
このベタ基礎の打設工事時には少し工夫をする場合が有ります。

もし後で浴室設備に濾水事故があれば外部に排水出来る

僅かな勾配をつけておき、基礎にも小さな水吐け穴も開けて置けば

時々濾水していないか否か?を確かめる事ができます。

次は外回りに移ります。