住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

増改築2-12(浴室・洗面・トイレ)

前ページからの続きです。

 

これが建物高さ不足を承知で無理やり取り付けた納まりの

庇屋根下地です。

f:id:kubataasisuto:20210128133546p:plain
屋根上の空間が中途半端で高さも不足の中に多少の余裕が有っても

施工不能か困難な条件なので

ピタッと接触させる方が納まりが良く強度的にも

直繋ぎする事で安定もし施工もし易いのです。

f:id:kubataasisuto:20210128133611p:plain
既存屋根の鼻隠しや軒裏天井に下地材は

中途半端な空間は置かず突付です。

f:id:kubataasisuto:20210128133640p:plain
庇の取付で空間が狭く高さが厳しい時には下の納まり高さを

下げたくなりますが既存のランマ付き勝手口ドアを上部のランマで

高さを切断加工して下げれば多少の下がり代は期待出来ますが、

やはり中途半端な空間ではあまり効果はありません。

屋根の形だけは寄せ棟型にはして見ましたが

どうしても無理やりの形になるのは仕方がない所。

f:id:kubataasisuto:20210128133711p:plain
後から思えば後付け式のフラットタイプで

軽量の庇ヤネにすれば良かったとは思います。

板金葺きの結果画像は掲載しませんが、そこそこ納まりましたし

上部は上の既存屋根の唐草板金の裏に葺き上げ
雨洩りしない安心できる板金納まりになりました。

次に進みます。