住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

水漏れ修理3(水漏れしやすい洗面03)

前ページからの続きです。


まずは洩れている水の元栓を閉めて補修に取り掛かります。

混合水栓器具との接続付近はこんな感じ。

f:id:kubataasisuto:20210128145131p:plain
場所的には、とても狭く作業はやりにくい状況になります。

その為に専用の工具が色々ありますが、

それでも要領が必要な作業です。

フレキナットは片方だけ締めて、

反対側の片方を閉めると最初の方が緩みます。

配管の両端接続にゴムパッキンを使用すると

常に有る、徐々に反発戻りとなる現象が生じます。

その点では最近の差し込みホース接続なら、

そんな現象は全くなしでスムーズ。

古い現場では、まだまだしばらくは、

このようなフレキ管使用の対処は続くでしょう。

f:id:kubataasisuto:20210128145205p:plain
洗面台の水漏れ修理は無理な作業姿勢での

要領の違いを把握し4~5回体験すると慣れます。

狭い場所で頭を突っ込み苦労しながら体感で知る

各種のアナログ作業は今後いつでも役に立ちます。

これらの手順の中に有る大切な要領の詳細は

文章では書き表せにくく体感での習得が必要です。

f:id:kubataasisuto:20210128145234p:plain
この作業は小奇麗な業務とは違いますが現場での

要領を必要とされる特殊作業特有の魅力が潜んでいます。

この後の展開では関連補修が別に有りますが、

ここまでで、この洗面水漏れ対処例は終わります。