住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

排水修理2(使用者責任の排水詰り)

流し台のシンクに流す排水が抜けにくく

流し台下の床上に水が漏れるトラブルの対処。

足元の床と流し台の下、隙間から流した水が

漏れてくるのは、よくあるパターンです。

 

主な原因は色々ありますが単純な方法で調べます。

まずはシンクに水を流して見て、流した水の量によって

床上に濾水が現れる時間を見ます。

 

流した水量とオーバーフローしてくる時間で、

どの辺の位置、距離、深さなのか?が推測可能。

 

但し、途中で床下などに濾水している場合は時間差や

水量の判断で詰りの位置探しは困難です。

 

やはりケースバイケースで違うので判断方法は

色々な工夫をしてみましょう。
 

この現場では水量が少なくて、すぐに足元に

オーバーフローしてきたので詰り位置は近いです。

 

シンク下のジャバラ排水ホースを外して床下排水管の

中を覗くとLボー継ぎ手の底に異物が見えます。

 

画像を拡大しているのでバケツの中のように見えますが

 

直径50㎜程度のvu排水管の中で奥のLボー継手内部で

詰り物が溜まっている状況です。

f:id:kubataasisuto:20210128153726p:plain
上からヘタに詰り物を突っつくと奥にずれて

取りにくくなるので慎重に取り出します。

長い火挟みか掃除機のホースを突っ込んで

吸い取るのが無難です。

取った後は排水管に直接、水を流し込みオーバーフローしてくるか?

否か?を調べて問題なければオッケー。

除去した物はお箸などがたくさん詰まっていました。

 

長い物なのでLボー継手を曲げれきれずに何本も立ち往生で封鎖で

他の異物が堰き止める詰り状態。

 

除去物をバケツに入れ詰り原因を使用者様に、

排水設備の不具合ではなく明らかな使用者責任を説明し

 

今後は同じ事にならないように対策例なども示し完了です。

f:id:kubataasisuto:20210128153752p:plain


 
そもそも流し台のシンクに排水トラップがあれば

こんな事にはなりません。

古い公団型流し台だったので最初からゴミ詰まりや

配管からの悪臭防止のトラップが無いタイプ。

 

旧式の排水口やトラップが有っても掃除が邪魔で

外して使用している場合は、こうなります。

対策方法の簡単な方法としては排水ジャバラホースを長めにして

ワザと曲げればトラップ機能になります。

やはりシンク下の排水金具をトラップ付きに取替るのが

もっと機能的で衛生的にもなります。

その事例も機会が有れば記事をアップさせて頂きますので、

とりあえず、この件は終了です。