住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

簡易水洗トイレ修理1(和風便器から洋風腰掛け便器に改造)

簡易水洗トイレの和風タイプを腰掛けタイプに

改造する事例です。

取替え理由は、しゃがみ込み体勢が御客様の足腰負担が

苦痛になった為らしいのと、

長年使用の便器の汚水導入開閉フラッパーの

操作不調が多くなった為です。

f:id:kubataasisuto:20210130160206p:plain
そして暖房便座も欲しいとの事なので専用電源が近場に無いので

配線の増設が必要。

紙巻き器の位置も変更し給水管の接続位置も改造が必要。

問題は汚水導入配管の位置変更が重要な施工内容となります。

隅付けロータンクは撤去の予定ですが裏側の腰壁タイルに

大きな傷がなければ良いのですが

 

外して見なければ最初は解りません。

 

固定用の太いビス穴などのキズは多少出ますが

普通は裏側にもタイルは張り込んでいるはずです。

f:id:kubataasisuto:20210130160234p:plain
そもそも汲取り便漕が下に有りそれに導入されていますので

解体時にタイルやモルタルやコンクリート屑など異物が

便漕内に落下しない様に厳重注意です。

ダメな異物が便漕内に混入すると汲取り業者は

吸引装置のポンプが故障するので
汲取りを拒否されますし機器が故障した場合は

高額、賠償を請求されます。

汲取り便漕への解体物、異物混入は常に

施工者への責任を伴います。
 

解体撤去後に汚水導入配管の移変も終えて土間タイルの

キズ跡も速乾カラーモルタルで補修し解体撤去の当日に

下地作りも終え、新たな腰掛け簡易水洗便器を取付します。

 

事前準備、段取りが適切で予測通り順調良く進展すれば

当日に悪くても便器の仮設が可能です。

 

成り行き次第のゆったりペースや諸条件が異なれば

2~3日を要する、ヘタすると予測が大きく変化する施工分類です。

f:id:kubataasisuto:20210130160310p:plain
すべて完成できなくても、できるだけ当日に仮設でも

便器の取付してトイレ使用できるように進めます。

備品の取付や細かい掃除などは翌日に持ち越しでも可能です。

 

要は当日トイレ使用可能が狙い。

f:id:kubataasisuto:20210130160347p:plain
この突貫ペースの工程が無理な条件なら

仮設臨時トイレの設置をして施工しなければなりません。

壁面などトイレ室内は清掃前でヨゴレも残り

仕上り直前の画像なのですが今回は、これで終了します。