住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

家具転倒防止1−4(見栄えの悪い納まり例)

前ページからの続きです。


再び耐震補強の簡易対策事例の続きです。

こんどは、ガラス扉付きでも木枠付き扉の事例で

固定条件では強化ガラスに直付けよりは容易です。

f:id:kubataasisuto:20210131183043p:plain
収納中身の飛出しを防ぐには急激な横揺れが発生すれば

自動ロックされる部品の追加例です。

扉の枠が木製なので固定ビスが効くので簡単です。

 

この場合は隠れやすく見栄えも良いです。

f:id:kubataasisuto:20210131183126p:plain
やはり、なにもしないよりは、取り付けていれば、

かなり有利となります。

家具本体の転倒防止には、もっとも簡単で

オーソドックスなL型金物で直止め。

f:id:kubataasisuto:20210131183157p:plain
これらはとても簡単で基本的な固定方法でして

金具の大きさと向きで色々なパターンが可能です。

f:id:kubataasisuto:20210131183225p:plain
取り付ける建物側や家具のビスが効く位置などでサイズや

条件に応じて検討すれば良いでしょう。

ただし、この画像のように建物側に有る(付け鴨居)と呼ばれる部材は

信頼できるとは限りません。

 

この部材の固定方法は常に曖昧で簡単に斜めから釘で止めてあり

手で掴み引っ張ると簡単に外れる時が有りますので

信頼できる取り付け状態か?否か?は調べてから取付が必要です。

次に続く。