住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

床の塗装2(無垢の桧縁甲板 ワックス補修)

無垢のヒノキ床板の表面が傷んだので復活する事例です。

中型犬を室内で飼っていた為に床板が

画像では解りにくいですが、

かなり爪によるキズで痛んでいます。

 

下図の二枚は撮影角度が悪かったために編集加工で

斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210201130208p:plain


何年か前に当方で簡易増築させて頂いた御客様から

床のメンテナンス依頼でした。

f:id:kubataasisuto:20210201130319p:plain
集成材の化粧床材なら張替か?重ね張りの補修になりますが

無垢材なので表面をオービタルサンダーなどで

削り直す事ができます。

ワックスを掛けたり上塗り塗装せずに生地のままだったので

研磨処理が、やり易い表面でした。

f:id:kubataasisuto:20210201130347p:plain
敷居や壁際などの施工時には研磨用具の処理が端まで届かず

一部で残りやすく困難ですが境目などは厚さ0.4㎜程度の

ステンレス薄板金などを立てて養生しながらキズ防止が有効です。

 

不要な下敷きや厚紙など他の物でも利用できます。
 

サンダー掛けの要点は、やはり木の目、方向に沿った

削り方が重要です。

 

その意味では電動サンダー工具使用の場合は回転式の研磨よりも

直線的な前後方向だけのオービタル式かベルト式が良いです。

f:id:kubataasisuto:20210201130442p:plain
サンドペーパーは粗目#80~で粗削り。

 

仕上は#150程度使用の2工程でかなり綺麗になります。

最終仕上削りが必要ならば#180~200程度で

サンダー機械では無く手作業擦りが無難です。

 

最近ではランダムサンダーが普及してますが

この頃は、まだ持っていませんでした。

 

下図は撮影角度が悪かったために編集加工で

斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210201130710p:plain
最終的には木材用の保護ワックス塗りですが、

御客様が、してみたいとの事で後は御任せしました。
 

この事例のように研磨作業など難しい作業は経験者に任せて

実施要領を見たり一部を体験試したり、しておけば今度は

自分でも出来るかも知れません。

 

そして雑巾がけをするような保護ワックス塗りなど容易な工程は

自分で手掛ければ仕上げ感触を楽しめますしメンテナンス費用も

丸投げ任せした全体コストよりは節約できます。

 

やはり無垢材はメンテナンスが容易なので何年かおきに

気分転換になるメンテナンスが可能です。

画像だけでは施工前と仕上りの差が解りにくいですが
無垢材特有の肌触りの感触や桧材特有の匂いも再び復活しました。

 

是非、無垢材の床材を使用したり、

そのメンテナンスの良さも味わってみて下さい。