住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

不本意な予備錠取付(框ドアサッシに無理気味な面付け錠の再ミス)

勝手口のアルミドアに別の錠をつけてほしいとの事で

面付けシリンダー錠を取付た事例です。

 

この案件は何年も前に判断ミスを犯した教訓が

生きていない再ミスの貴重な失敗例です。

すでに取っ手、部分には本締り錠が付いているので

必要がないはずですが合鍵を持っている誰かが

時々無断で出入りしているのか?

御客様には色々と事情が有る模様です。
 

外からは別のカギでないと

今度は入れないように、したいらしいです。

 

面付けシリンダー錠は昔からある木製建具用の納まり部品。

 

メリットは安価で簡単な事です。

この部品をアルミサッシドアに取り付けは

本来は木製用なので納まりには様々な無理があります。

 

それを承知で低予算の条件を言い訳にしがちですが・・

当時は何年も前の失敗が有った記憶は薄れていたのか

無理ながらも、そこは工夫して取り付けるのが経験者!

・・の勘違いした思い込みで躊躇なく手を付けます。

f:id:kubataasisuto:20210201143122p:plain
まずアルミフレームなので木ビスでは取付不可能で

納まり位置が諸々の条件で無理が有ります。

取付ビスの位置もアルミサッシの縦フレームの形状には、

まともに取付出来ない位置が多い。

ビス方向を斜めにしたり裏ナットを仕込んだり工夫します。

 

危険なのは取付ビスが、もしかすると

フレームに差し込んでいる見えないガラスに当たれば割れます。

取付に無理が有る最大の欠点はアルミ枠のエッジが邪魔になり

横ラッチが納まらず無理やり切断加工になったのが残念な納まり。

f:id:kubataasisuto:20210201143154p:plain
面付け錠の本体を樹脂パッキンで浮かせて取り付ければ

アルミ枠を切り取りしなくても良いですが
こんどは外側のカギ穴までに長さが届かずに

アルミ建具の縦フレームの中空部分になり

グラグラの不安定になります。

無理やりの直付けでも、このようにドアの厚みに届きかねて

ギリギリの納まりとなりました。

f:id:kubataasisuto:20210201143225p:plain
木製用では無くアルミ用の錠は、この長さが長くて余裕が有り、

そもそも規格サイズや納まりが異なります。

 

安価な木製用を選択したのが、そもそもの間違いで、

それでも可能性を信じてやり続けますが

半分くらいの工程で違和感を少し抱き始めますが・・
それでも仕方なく枠フレームを泣き泣き、

やむなく切断したのが失敗作の決定打!。

穴あけ加工の前にもっと推測して事前か?

大きな穴あけの前に勇気ある中止が必要でした。

f:id:kubataasisuto:20210201143256p:plain
ドアを閉めた状態↑では中から見れば一見問題ない様に見えますが

・・これは木製ドアの前回失敗例も同じ状況。

 

少し高くてもアルミサッシ専用の金物を使用した方がよかった

残念作と再び、なりました。

一応、御客様には事前には低コストの納まり不具合の為に

切断加工の見苦しさになる可能性は伝えて有りました。

 

色々な理由と共に一番、納得されやすい価格差の違いを説明の上で、

この不本意な納まりで合意、決行でした。

御客様は、これでも満足されていましたが施工者とすれば

同業者には見られたくない汚点となる不出来でした。

後で思い起こせばこの教訓はすでに何年か前に

木製ドアの条件で有ったにも関わらず失敗作となった

懲りた経験が有ったのが下図↓で過去の例を忘れて

さらに出来の悪い事例を創作したのです。

f:id:kubataasisuto:20210201143526p:plain

それでも・・↑売れてしまい区切りがついてしまった事が

性根に入りきらない甘さになるのかも知れません。

 

関わった側は・・売れたけども気に入らず

御客様は納まりは悪くとも最初から聞いていたし

施錠が安心で納得されたのです。

 

よって・・二方良しにはならず・・

 

次に三度目を、しでかしてしまいそうな所が人間らしさ(^_^;)