住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

雨洩り工事4−5(和型スレートの葺き替えに至る事例)

前ページからの続きです。


棟付近の地瓦の葺き代が向こう側の片方は普通ですが、

こちら側は少なく不十分な納まりになっています。

f:id:kubataasisuto:20210201162113p:plain
屋根瓦を思いきり剥がして

明らかになる無理な納まり状態。

f:id:kubataasisuto:20210201162138p:plain
一階の棟違いで、この部分は客間の天井に雨洩り跡が広かった場所です。

 

これなら、あんな酷い雨洩り跡は当然です。

f:id:kubataasisuto:20210201162204p:plain
色々な雨洩りの原因が複合されていた和型スレート瓦の

無理な納まり実態です。

f:id:kubataasisuto:20210201162225p:plain
原因は棟付近の地瓦の葺き込み代不足と壁際の捨て谷不足と

防水紙の巻き上げ不足と地瓦の被り不足の4ヶ所の要因が

それぞれ絡み、その時の雨降り条件によって洩れます。
 

とても貴重な反面業者事例で我々にとってはとても大切な

事例を体感できる場面です。

 

しかし御客様にとっては、まった迷惑な話で

価値観は大きく異なります。

 

いよいよ雨洩り対策の施工を開始。

下図は撮影角度が悪かったために編集加工で

斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210201162304p:plain
特殊なルーフィングシートを先行敷きで取り付き壁面に

添わして巻き上げます。

表面にイボイボの突起が付いて工夫された

チャンピオンルーフと呼ばれる防水シート。

普通のベタシートなら、もし瓦が割れたり剥がれて雨水が吹き込んでも

瓦桟木でせき止められて
止めている釘穴から屋根裏に雨洩りします。

それをイボイボの突起により瓦桟木を僅かに浮かせて

侵入した雨水を軒先まで導き
途中漏れを解決した防水シートです。

もう1つの目的は屋根勾配が急傾斜の場合は

作業者の滑り止め対策にもなっています。

棟違い付近の野地板は下地不足で大きな穴が空いています。

f:id:kubataasisuto:20210201162401p:plain
本来は、この部分は上の野地板やタルキは切断して離し
下側の野地板を棟まで伸ばして上の被り下地を浮かせるのか?

・・が大工の下地納まりとしては選択が分かれる所。

 

その場合は当然ルーフィング下地も地瓦も棟まで葺き延ばし

下側の屋根納まりを伸ばして優先にします。

上側の野地板や瓦は切断して被せて浮かせて

下の地瓦に水を通し侵入して雨水を逃がすのが無難。

こんな下地の場合は今更タルキなどの切断は面倒なので、
改善のつもりで水仕舞の下地納まりを変化させます。

突き付けるなら、それなりのが防水対策の工夫が必要となります。

f:id:kubataasisuto:20210201162437p:plain
防水シートは強引に入れ込み敷き詰め、これだけでも

雨洩りは防げますが、さらに捨て谷板金を取り付けて

上部付近も完全に封鎖して雨洩り対策は完了。
 
これで屋根瓦の葺き替えが進められます。

次に進む。