住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

長押の納まり観察

先ほどの和室天井を張替えした部屋には長押が付いていました。

天井張替をしながら他人の仕事は、それとなく気になり

観察する事になります。

長押の納まりと云えばメインは床柱のヒナ留め仕口。

ここがピッタリ付いているか?

裏はどんな仕口をしているか?

単板の張り合わせ?・横アリ組・縦片アリ組?・・など。

下図の4面は撮影角度が悪かったために編集加工で

斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210202085519p:plain
留めの付きや入れ込みに大きな隙は無いので、普通。

組方は上から覗いても不明でした。

f:id:kubataasisuto:20210202085650p:plain
多分、接着のみと思いますが気になるのは入れ込み位置が

半分の手前過ぎではないか?

普通は床柱の芯を過ぎて2/3程度の位置が多い気がしますが

・・その理由など真意は不明。

 

又は丸太など巾が曖昧な床柱でも部屋の柱巾の芯から1寸出す

・・とか柱巾の外ツラから1寸返り・・とか
 

何れにしても床柱の半分以上通過して止めるのが

多いようなはずですが・・デザイン・意匠の違いと言えばそれまで!

 

もしかすると・・床柱の前面を部屋側に出し過ぎて

前面が出過ぎてしまい欠き込みよりも沈み込み被ってしまうので

手前で止めたのか?・・又は、これで普通なのか?

・・解りません。(^_^;)
 

余談ですが上から見る長押の裏側の奥は、どこの家でも、

このように、とても曖昧な納まりです。

塗り壁の塗り残しなど隙間だらけでゴキブリや小さなネズミや

コウモリなどは簡単に出入りします。

f:id:kubataasisuto:20210202085727p:plain
土壁下地やラスボード下地で左官仕上の場合は、

ほとんど、こんな事になります。

この場所は部屋から目線の上となりイスを使わない限り

直接は見れないので隙間は色々な隠し場所にもなります。
 

次に床の間の左側付近で、場合によば書院が付く所ですが、

長押と落しかけの間隔、高さが注目の部分。

f:id:kubataasisuto:20210202085800p:plain
この位置は長押の天場から落し掛けの間の寸法は柱の巾一丁か?

一丁半など・・材巾の比率を多用するらしい所。
 

別の高さ決め条件として、よく言われるのが

奥の掛け軸の上が畳の三尺付近の畳の縁に座り

斜めに見通して掛け軸の上の方が見えるのが

落し掛けの下場の奥側の角が高さとか・・聞いています。

茶室などは特に高さには床の間や色々な場所では納まりや

サイズには色々な決まりが有るようです。
 

私は全く、その辺の事は知りませんし、出来ません。

 

しかし・・この現場では落し欠けの高さが低過ぎる気がします。

 

やはり、これも意見が分かれる所でしょうね。
 

長押の止まり位置に関しては床の間との境目で、

この部分は書院納まりではないので巻込まずに、
この位置付近で止めるのは良く有るパターン。

 

私が習った西日本の、ある地域での呼び名では

(まくら裁き)と言っていました。

※注釈

最近ではネット検索で調べる事で正式らしい情報を

知る事が出来ました。以下建築用語辞典からの抜粋です。

枕捌(まくらさばき)
長押と床柱との取合部の納め方で、床柱の三面の角を留にして
長押を巻き込んだ納め方。
巻裏捌(まきうらさばき)とも呼ばれ、
書院造りの座敷に用いられていた厳格な納め方です。
また、枕捌の他に、二面だけ回すものを片捌(かたさばき)、
床柱の正面だけに長押を取り付ける雛留(ひなどめ)がある。

この説明によると私を含めて当時の関係者は良く分からずに

(まくらさばき)は書院側の柱への仕口を言い床柱は(ヒナ止め)

と別々に言い表して間違えた解釈を長年していました。

このブログの再編集の機会に調べて今更、気付きました。(^_^;)

 ※本題に戻ります。

普通はこのように柱の外ツラから五分(約15㎜)返りが多いです。

f:id:kubataasisuto:20210202092839p:plain
コグチもブツ切りですが水を付けて湿してから

カンナ削りで良いと言われています。

 

凝る人なら、ここも簡単に大留めの薄板張り仕上にするのかも?

・・しかし、それは一度も見た事なし!。

和室の納まりは家その物のグレードに合わせると言われています。

 

※余談ですが

他の現場で本家普請となれば縁側と書院が付けば

この位置から柱を廻り書院の中へ長押が廻り込み

伸びて行きますので、それは(まくらさばき)と呼べますが

 床柱では無い普通の柱なので、呼び方がどうなのか?。

それは本家普請を専門に関わる方に御任せで

多能工・職の汎用領域を専門とする者の立場とすれば

深入りする必要のない未知の領域となります。(^_^;)

※本題に戻ります。

 

しかし雨洩りの屋根納まりを見れば・・
建物それぞれの事情によるグレードで様々な結果となるでしょう。
 

もう、これから将来的には、このように床柱や

長押や二重廻り縁などの仕様は絶滅危惧種かも知れません。

 

以上で長押納まりの観察は終わります。