住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

床工事3(勝手口上がり框の白蟻被害)

勝手口の上り框が腐食しているので修理した事例です。
 

原因を調べるには、まず流し台の近くなので、
排水不良や給水管からの水漏れ状態が続き

腐食しているのなら水漏れ修理が先決。

流し台の内部や床下を調べると水漏れは無し。
 

腐食の原因は上り框の下側の立ち上げモルタル

レンガやブロック積み下地ではなく
木製ラス地板を地ベタから直接取付なので地盤から

白アリに喰われています。

建物自体が古いので、おそらく土台廻りも喰われて

手遅れの予感。

根本的に直すには床を剥がし基礎廻りと柱の根元付近を

広範囲に手を付け大掛かりな工事になる可能性が有ります。

 

腐った上がり框の下に塗られているモルタル
見た目には奇麗に見えますが裏のラス地板は地盤から直立てなので

かなり腐食しています。

f:id:kubataasisuto:20210202100732p:plain
まだ床が落ちるほどではないので応急処置として腐食部分のみを

削り取り防蟻処理の薬剤注入をしてから表面を取替え補修。

f:id:kubataasisuto:20210202100802p:plain
建物の経過年数と居住者さんが今後、使用される生涯年数によって

・・本格修理か?応急処置か?
建物修理に手を掛ける度合いを判断するのがベストかと思います。