住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

バルコニー改良1−2(床塩ビデッキ下の根太腐れ補修)

前ページからの続きです。

 

先ほどの側面パネル取付後の別件対処です。

 

バルコニーの床がフワフワで不安定な所が多く

大変な事になっているかも知れないとの事で調査。

長いバルコニーの両端にはエアコン室外機が有り

床を捲るには邪魔なので一時だけ、そっと移動が必要。

配管の固定バンドのビスを緩めてガスが抜けない様に

慎重に吊上げて仮設。

f:id:kubataasisuto:20210202142933p:plain
デッキ本体は樹脂ですが根太材は木製の納まりは時々あります。

一部を剥がして見ると床下の高さに無理が有り

水捌けが、悪い状況。

f:id:kubataasisuto:20210202142958p:plain
問題は反対側の水下になる床でフワフワ状態が激しい

下の画像で↓こちらの部分。

f:id:kubataasisuto:20210202143025p:plain
剥がして見ると下の画像のように予測通り

排水不良による水腐れが激しいです。↓

f:id:kubataasisuto:20210202143055p:plain
大きな原因はバルコニーの防水床面高さが無理気味で

排水傾斜角度などの設定ミス。

掃き出しサッシの水切り下の高さにも、まったく余裕が無く

アルミルーフが無ければ
台風など吹き込みが有れば雨洩りするリスクが高い納まり。

f:id:kubataasisuto:20210202143129p:plain
掃き出しサッシの下場から防水層の空きは

本来なら10cm程度は欲しい所です。

デッキは最近の流行ではフラット仕様にする場合がありますが、

その場合は水抜きの抜け代が有る納まりになっています。

この現場で別の納まりで無理気味なのはアルミルーフの雨トイが

バルコニー床に垂れ流しが三ヶ所有ります。

この雨水が随時、垂れ流しで水はけの悪い環境が長年続くと、

このように腐りやすい環境となりますね。

納まりの良い例としてはバルコニー防水面の水下は一段落しで

深い溝が有れば木製根太材でも水が切れやすく
こんなに腐る事はなかったでしょう。

f:id:kubataasisuto:20210202143155p:plain
腐食ネダ材を撤去し綺麗にゴミ掃除してから

アルミ角材で腐った木製根太材と入れ替え。

高さはゴムパッキンをシリコンコーキングで接着しながら微調整。

f:id:kubataasisuto:20210202143223p:plain
デッキ材も止め直してフワフワ状態は解決し床面は完了です。

f:id:kubataasisuto:20210202143255p:plain
ここから雨水の垂れ流しを改善する為にブサイクですが
露出で横引き配管して真ん中の縦トイ排水を

ダイレクトに排水ドレンに導き垂れ流しを改善。

f:id:kubataasisuto:20210202143328p:plain
水吐けの悪い土間排水には、やはり木製ネダ材とアルミルーフの

雨水タレ流しは禁物です。

この作業はアルミ建材と大工工事の混合ですが

エアコン吊り上げなど、やはり多能工・職の部類です。

 

機会が有れば自力や外注併用などで御試し下さい。

 

不安な事は情報の提供で支援します。