住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

洗面台修理2(照明スイッチ部品の交換)

古い洗面ユニットのミラーキャビネット修理事例。

長年使用で自然消耗するのが電気廻りの接触不良が多いです。

f:id:kubataasisuto:20210202152501p:plain
特に照明器具の管球は定期的に取替えが必要ですが

寿命はLEDに変えれば長持ちが可能になりました。

その次に故障になるのが電源コンセントとスイッチなど。

使用回数に比例して接点がガタガタで接触不良になります。

このミラーキャビネットはかなり古いですが

照明が不調で調べてみるとスイッチが原因でした。

f:id:kubataasisuto:20210202152541p:plain
古いですが肝心のミラーは、まだ使用可能なので

本体取替えでは無く部品修理を、ご希望です。

 

この辺りは御客様の好み次第です。

 

変えなくても良さそうでも取替を希望や・・

取替時期なのに愛着を持っている・・など。
 

幸い電源とコンセントとスイッチ部品は標準部品で

互換性が可能ですが、かなり古いタイプ。

現在では設備機器専用は細型の納まり形状が当然の時代です。

 

・・が、まったく違います。

しかし、とても古いタイプが幸いして普通の埋め込み部品の

組合せで違和感なく取替えが可能。

f:id:kubataasisuto:20210202152614p:plain
室内の壁面に使用する極、平凡な部品で取替はオッケーでした。

ただ、電源コンセントの差し込みの向きがタテヨコが不自然で

厳密に言えば使用に差し障りが有るかも知れない

横向き状態で完成。

f:id:kubataasisuto:20210202152641p:plain
設備機器専用の細型部品は取付形状は横長ですが
差し込みコンセントの形の向きは縦向きなので

この場合は向きに違和感があります。

しかし御客様は昔から使用している向きなので、

まったく関係無しで御満足の御様子でした。

電気工事になるので、よほどの自信と経験や

資格などが必要な場合がありますので注意しましょう。

 

ちなみに屋内配線で電源配線は接地側が白色線で

マイナスの設定で結線という基本があります。

 

しかし、このようなキャビネットに電源プラグによる

近場の電源に差込する独立商品は差込プラグの入れ方次第で

条件が変わります。

 

キャビネット内の接地側が白色線でマイナスの約束事は

差込方で変わるので意味が有りません。

 

むしろ結線の仕方が重要なので、裸線のヨリねじ結びなどは危険です。

 

曖昧な知識では大変な事になりますので経験者の協力を得た方が

無難な今回の事例でした。

 

しかし・・実態は・

ノウハウさえ把握していれば、とても簡単な内容です。