住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

浴槽修理1(ポリ浴槽の据置タイプ)

古い賃貸物件のポリ浴槽、簡易修理事例です。

据置型の二方、全エプロンで前面エプロンの

下端付近が腐っています。

f:id:kubataasisuto:20210202155940p:plain
ポリ浴槽なのに、なぜ?錆びが出て腐るのか?

疑問でしたがエプロンのみ、別な構造となっており

古いタイプは内部に薄い鋼板が入っています。

長年の使用による湿気で内部から鋼板が錆びて、

このように腐ります。

最近のポリ浴槽は鋼板下地を使用せず樹脂類のみで
内部のバックアップ材の発砲ウレタンも密にし

強度を増しているので、このように腐る事はないです。
 

本来は浴槽全体を取替えれば良いですが

オーナー様の意向で予算が厳しく

簡易補修で維持管理コストを抑えたいとの事です。

そこで厚さ0.3㎜の薄いステンレス汎用板を直張りで

強力両面テープとシリコンで接着。

f:id:kubataasisuto:20210202160007p:plain
当然、上部の端は肌に触れる部分なので折り返し曲げの加工をして

ケガをしない様にします。

これで浴槽本体がダメになるまで、まだ10年以上は

持つかも知れません。

この対処は板金と防水の基本要領で関わります。

 

当然浴槽の取替例も、お勧めの提案が必要です。

 

その時は浴槽のサイズを測り浴室内からスムーズに

出し入れが可能か?調べておく必要が有ります。

 

出入り口からか?・・窓からか?・・

壁を切り抜く必要があるか?・・

など定番の調査内容が有ります。