住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

レンジフード取付け2−2(壁付ファン→シロッコファンブーツ型に交換)

前ページからの続きです。


フード正面に固定されている操作部分の

パーツアッシーごと分離して配線のみ延長。
 
既存の側面が中空ボード下地なので

延長配線はなんとか隠ぺいできました。

f:id:kubataasisuto:20210203110916p:plain
こんな改造はしてはならない事ですが

毎日使用する操作ボタンの位置は重要。

取付後に、取付高さが高過ぎる意見となり急遽改造。

 

元々、こんな面倒な事をしなくてもリモコンタイプで

良かったのですが時すでに遅し。

電源配線をスイッチ配線に改良するのも有効でしたが・・
強弱やライトの切替などの操作は出来ず、

やはり操作ボックス本体を移設するのが簡単となり実施。
 

元々の換気扇位置の穴は大き過ぎるので

不燃、耐水ボードで下地作りします。

f:id:kubataasisuto:20210203111035p:plain
外部へはアルミダクトで排気します。

 

本体とアルミダクトは先付けしておきます。

f:id:kubataasisuto:20210203111111p:plain
アルミダクトを外壁用の不燃ボードを通過させてから

外部にフード接続し取り付けて排気口は完了。

f:id:kubataasisuto:20210203111349p:plain
少し無理気味の取付でしたが最初から高さの問題が有れば

本体の配線改造はせずリモコンタイプが賢明でした。

高さが目の前で、ぶつかりそうな位置でも低い方が取付は簡単です。

バックの壁面が無く窓の場合は下げたくても取付下地不足で

別の問題も出ますので壁下地の下げたし費用を

換算する必要が有ります。

以上でレンジフード取り付けは終了します。

 

※既製品の配線改造はしないで下さい。

 危険ですし不経済です。

 今回は参考、試しの為でした。(^_^;)