住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

洗面ユニットのメンテナンス事情(ホーロー仕上の弱点)

古い洗面ユニットの洗面ボールにオーバーフローした時の

排水口の拡大画面です。

ホーロー洗面ユニットで古いタイプは、ある年数で、

このようにサビが発生するクレームが頻発しました。

最近では防サビ処理が良くなっているので改善されています。

各社、洗面ユニットの洗面ボールが弱点なのは

陶器なら物を、うっかり落すと簡単に破損。

樹脂製は簡単には割れにくいですが安っぽく

表面硬度や清潔感がやや劣る。

(※近年は↑良くなり主流です。)

そして鋼板ホーローなら割れにくく表面硬度や

清潔感は申し分無し。

しかし素材が鉄の為に僅かな表面処理(防サビ)の条件次第では

錆びが発生します。

f:id:kubataasisuto:20210203175710p:plain
一旦、錆びが出だしたら・・

掃除をして拭き取ったり専用ペイントで補修しても一時的で

 

しばらくすると又も錆が目立ち進行が止まらない事が多いです。

安易な見立てで補修しても度々、手直しとなり完治はしにくいです。

鉄は身から出た錆びで滅びるとは有名な格言。

 

本体の寿命ですと言い逃れするしか無くなります。

 

現実的な見立てとして有力なのは・・

このような場合いの対処策を選択し判断する場合は

 

①補修をしても長持ちはしない。

②洗面台を新品に取り換えても錆びやすい環境は続くかも?・・など

 

この程度の予測は必要かと思います。

 

一旦、錆びたら鉄は永遠に酸化しうる素材らしいです。

 

そして製品寿命の話ではなく給水の水質に問題が有り

鉄分が、そもそも多いので貰い錆したのも有力です。

 

古い水道管は鉄管がまだ残っている場合は錆び水が流れます。

 

朝一番に赤水が出るのは良く有ります。

 

そして井戸水使用ならそもそも地盤、地質の問題でどうにもなりません。

 

錆た洗面ボールの一部だけ見て安易な見立てで

タッチアップの塗装補修を引き受けても・・完結しないのも有り!。

 

※余談ですが・・

タカラのホーロー製品で特にカラーステンレス浴槽は

昔の頃の一部、製造品では品質に問題が有り施工引き渡し後

2~3年で錆や塗装の剥離が現れ御客様からのクレームで

取替えなどをメーカーが無償修理してくれた事が有ります。

 

品質不良による場合はメーカーも有る時期の

アフターサービスはとても良かったのです。

発注履歴などが有る場合は部分的なメンテナンス対応は

スンナリ対処してくれました。

最近はどうなのか?・・

おそらく運営状況は各社メーカーとも厳しいので

今ではクレーム対策は厳しいかも知れません。

ホーローキッチンパネルも単品では販売せず

関連機器と連係販売のみとなり
他社機器との併用が困難となりました。

自社ブランド製品の扱いには無制限な解放ではなく

守りに入っている模様です。

 

しかしタカラ製品は善いメーカーだと思います。

で、ないと、こんなに長年に渡り続けられないはずです。

私は今でもタカラスタンダード品は好みで有り

御客様にも、お勧めしています。

※決して・・回し者ではありませんが!(^_^;)