住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

古家改造1−7

前ページからの続きです。


天井の下地も進み、この辺りからジプトンボード仕上になります。

要領は割り合せと通り出しの判断次第で仕上がり度合い決まります。

f:id:kubataasisuto:20210203190146p:plain
しかし、もっと先から下地の段階で最終的な仕上がりを

イメージしながら下地を作っているので、
もうすでに勝負は終わっているようなものです。
 

後は天井板の継ぎ目の精度や固定釘の止め方や

手あかを付けない、など・・
見た目の違いに配慮しながら精度も手加減しながら進めます。

f:id:kubataasisuto:20210203190213p:plain
天井に限らず床・壁も事前の下地段階での判断が

重要な事が多いと思います。

ジプトンボードは安価で施工性も良く防火性や腐食にも強く・・

弱点は防水性のみです。

f:id:kubataasisuto:20210203190237p:plain
昔から大変、普及しており、これからも使用頻度は多く

人気は続くでしょう。

次に続く。