住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

軒先改良工事1(越境の後退と納まり変更03)

前ページからの続きです。


屋根上の歩み板は仮設出来ましたので、

今度は転落防止用の手摺取付です。

隣地へ物や道具を落下させてはならないし
解体時の粉塵の飛散なども防止しなければなりません。

そして主な目的として高所作業者の転落防止の為です。

説明画像はプライバシー保護の為、塗りつぶしや

細長いカットなどで見にくいサイズになっていますが

現状図の一部です。

f:id:kubataasisuto:20210209151916p:plain
単管でシングルの簡易組です。

最上部の屋根上での手摺と養生シートを貼る為だけです。

足場に昇り絶えず作業をする為ではありません。

作業はすべて屋根上からです。

まず、切っ掛けとして境界のブロック塀の内側に

二連ハシゴを垂直に建て縦樋の金物やその他、近辺の

信頼できそうな構築物から倒壊防止の為に控えたり固定します。

f:id:kubataasisuto:20210209151949p:plain
建物と境界が極端に狭い場合は二連ハシゴの垂直建ては、

思ったより使い勝手は良いです。

狭いので、簡単に倒れる空間が少ないのと

垂直長さが手加減しやすい事も有ります。

そして、臨時に上がり降りする時も二連ハシゴをよじ登る事が出来ます。

f:id:kubataasisuto:20210209152013p:plain
養生シートは飛散物の粉塵なども防止する為に

メッシュシートでは無くブルーシートです。

風のキツイ時は、あおられて倒壊の危険がありますので
気象条件によっては外さなければなりません。

その為には外側にメッシュシートを張り内側にブルーシートを張り

強風の時はブルーシートだけ外すのが得策かもしれません。

台風などの時はメッシュシートでも危険なので外すか?
たたんで蒔きつけたりしなければならない時もあります。

今回は短期工事なのでブルーシートだけにしました。

施工は次のページに移ります。