住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

二階小規模増築1−1

二階の簡易な増築事例です。

ほとんどの案件に言える事だと思いますが、内容のグレードや

予算、工期などもランク分けがあります。

主な分け方とすれば

グレードの(上・中・下)で三種や

予算の(高・中・安)の三種

そして工期の(早・普通・お任せ)の三種などが絡み合うかと思います。

この各種のランクが絡み合うと27種類のパターンがあります。

御客様の御要望は、かならずこの中のどれかが中心で、

その周りが色々な関連や許容領域となります。

そこを中心に色々と話し合い変更、修正しながら

実行プランへと御客様と業者が歩み寄ります。

やはり設計プランでこの要望中心領域がどの内容かが不明では
設計や予算プランが絞れません。

参考図をたくさん書いても領域からずれていれば

空振りになるかと思います。

この御要望、中心位置が27パターンの何処にあるかさえ

想像出来れば良いかと思います。

 

一番、具体的なのは・・御予算の価格帯を聞く事です。

それに内容を当てはめてグレードの違いを境界にします。

最終的には・・必ずと言っていいほど、その様になります。

 

内容と価格決定のギャップ確認です。
 

後は施工面積や各種条件に対する数量や規模の大きさに比例して
工事額の増減が必然的に決まると思います。
 

この現場での目的は二階、四畳間程度の洋風部屋を半間ほど増築して
六畳程度の洋間に拡張する計画です。

ついでにベランダも改造します。

まず既存の内部はこんな感じです。

f:id:kubataasisuto:20210209113324p:plain
さらに奥はこんな感じになっています。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210209113347p:plain
増築の最初は、いくら小規模でも躯体の設計プランが

大事かと思います。

プランのコツはとにかく既存を見ながら同時に

構造のイメージラインを描く事かと思います。

そのイメージラインに各種、現状物や様々な条件が

プラスかマイナスか?
希望条件に適合するか否か?で現実性を求めて行きます。

やはり妄想の世界と言ったところでしょうか。

しかし単純な妄想では思わぬ失敗に陥りますので、やはり御客様や

関係業者、近隣の方などが気にしている事など色々な

人の声、情報などを聞きながらヒントにさせて頂きます。

現実性のある設計プランへと想像を描きたてます。

外部の屋根の形状や空間にも必要なイメージラインを描きます。

f:id:kubataasisuto:20210209113430p:plain
まずは輪郭となる点と線だけです。

 

それが躯体の形として基本形のイメージとなり・・

徐々に形になります。

まだまだ妄想は続き次に進みます。