住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

塀修理1(古い土塀の簡易補修03)

前ページからの続きです。


既存瓦の積み替えは簡単に補修します。

 

積み直しに際して一時的に撤去する屋根土は廃棄処分せずに

再利用します。

f:id:kubataasisuto:20210208195230p:plain
古い屋根土の塊部分はカナヅチで叩くと簡単に砕けるので

粉末に出来ます。

 

小規模の範囲で葺き替えなので多少の量なら水を混ぜて

再び練り直しして再利用できます。

f:id:kubataasisuto:20210208195254p:plain

※余談ですが味気ない土の傍らに写る花が美しいです↑。

 何気ない仕事の瞬間に見られるこんな光景に癒されます。(^_^;)


土は粘りも有る程度復活してくれば、とても合理的です。

廃棄処分する手間と新たに練り土を調達して施工する工程を

大幅に節約出来ます。
 

既存の棟積み納まりではノシ瓦の積み重ね段数が少ないので

雨水対処の納まりが悪いです。

下図の二枚は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210208195729p:plain
しかも補修前の積み方はモルタルではなく土だけだったので

風化して脆くなり動いてしまい雨洩りします。

新たな補修部分は多少のモルタルを使用しながら

既存瓦を積み直ししました。

f:id:kubataasisuto:20210208195828p:plain
地瓦が勾配不足になっているのは不満が残りますが、

いまさら、どうにもなりません。

 

何十メートルもある長さすべてを直す分けではありません。

 

極端に悪い範囲で全体の15%程度。
 

水平に近い逆勾配になりそうな落ち込み部分のみで、

他の勾配とラインが揃わなくても最小限の範囲だけ

勾配を直して水吐けは改善して積み直しました。

全体の通りは一部が歪みますので見た目は

かなり悪くなります。

表面上のひび割れや剥離などの防水処置と

低コスト補修が優先なので
美観的な犠牲は、しかたが無いです。(^_^;)