住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

雨洩り工事3(近年の和型スレート施工01)

そんなに古くは無い和型スレート瓦での雨洩り処置です。

雨洩りの為、最初は臨時補修をしましたが解決しない為に
二次工事へと進展し全面葺き替えになりました。
 

まず最初の出だしは二階の屋根から漏れていまして

外観はこんな感じです。↓

f:id:kubataasisuto:20210208190932p:plain
既存瓦は厚型スレートの和型で標準的な物。

普通は具体的な原因が表面上に見られる場合が多いです。

しかし、原因不明や・・調査不能の場合があります。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210208191000p:plain
特に棟積みの近くは地瓦が元の方まで剥がせないので

調査には限界があります。

剥がすとこんな感じで↓一見は普通の状態。

f:id:kubataasisuto:20210208191039p:plain
懸念されるのは瓦桟木が厚さ12㎜の合板を

引き割り製材した物を使用しています。

昔では一時的に流行りました。

 釘を打っても割れにくい利点があったからです。

問題は普通合板の使用は耐水不良で、

すぐボロボロになり強度が劣ります。

少し触ればこんな感じに↓バラバラになります。

f:id:kubataasisuto:20210208191134p:plain
大きな横揺れ地震が来れば瓦から止める釘止めが甘いと

瓦全体がズレ落ちる危険性があります。

雨洩りしている付近で既存の防水紙は劣化しているので

新しいルーフィング下地を敷き込み最初の段階では、

この程度で解決すればと思い暫定処置としました。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210208191200p:plain
これで解決出来れば良いですが不明なので

御客様も承知の上で結果待ちとなりました。

f:id:kubataasisuto:20210208191242p:plain
その後、少しはマシになったが、まだ時々

漏れる音が天井裏、するらしいとの事で次に進みます。