住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

サッシ取付1(古い木製建具の交換06)

前ページからの続きです。


まず、どんな所へモルタルを塗るのか?と言えば、

一部はこんな場所です。

f:id:kubataasisuto:20210208161728p:plain
補修面積はとても小さいですが足場は厳しい所です。

サッシの取付時には二連ハシゴを二本立てて、

足場板を渡して施工しました。

古い雨戸の戸当たり用の縦枠が付いていた左側部分です。

f:id:kubataasisuto:20210208161807p:plain
木製の木枠を元に戻せばモルタル補修の必要はありませんが
防水と耐久性の為、モルタル仕上としました。

別の場所では右側となります。↓

f:id:kubataasisuto:20210208161836p:plain
モルタル補修の刷毛引き仕上の直後はこんな感じで、

まったく問題無し!・・ですが。

f:id:kubataasisuto:20210208161913p:plain
半日以上経過すればこんな感じにひび割れが生じます。

f:id:kubataasisuto:20210208161941p:plain
同じ配合で塗った部分は、ほぼ同じ結果となります。

原因は混和材が少なくてセメント配合割合が多過ぎた為です。

こうならない様に膨張剤という混和剤がありますが、

それは入れずに通常のアサギ土だけを混入しました。

そして狭い小さな場所だったので二回塗りの二日越しにせず
一発仕上げで、その日、仕上とした為に起きた現象です。

 

当日には半日ほど時間待ちしてクラック発生してから

再度刷毛引き仕上していればヒビは、ほぼ埋まります。

今回は、もちろん、この後に薄塗り手直しはしましたので
結果的には二回工程になった、良く有る残念例です。(^_^;)

次は最終仕上となります。