住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

内装工事4(玄関ホールの施工01)

前ページからの続きです。

 

床の張替を終えて内壁と天井のクロス張替に移ります。
 

天井と内壁の取り合いは目透かし納まりになっていました。

そのまま目透かし納まりでクロス仕上は手間がかかり

予算が厳しくなります。

 

納まり改善の目的も有り廻り縁の後付け仕上に変更。
 

その為に目透かし用の溝に下地材を埋め込み

釘打ち止めしてからパテ処理をしておきます。

 

この現場では内壁・天井共に下地は普通合板でした。

 

石膏ボードよりは合板下地の方がクロスを剥した時に

表面層が一緒にくっつぃて剝れ、表面が荒れるのは少ないです。

f:id:kubataasisuto:20210208144813p:plain
廻り縁の厚みよりも目透かし溝巾が少し広い為に大半は隠れますが

埋めて置かなければ天井クロスと新たな廻り縁の上端の付きが悪く

奥に空間が有れば波打ちの隙間になる恐れが有ります。

天井板の素材が厚い物なら溝は埋めなくても

ピタッと付いてくれる事になりますが空間ではクロスはタワミます。

色々な条件次第でクロス貼りは下地のパテ塗りと研磨など

不陸直しなどが、とても重要です。

次に続く。