住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

外壁張替え(波トタンの張替え事例)

かなり古い建物の外壁修理です。

 

隣地建物が解体撤去され今までには見えなかった

古い外壁が露出したので張替えの依頼がありました。

f:id:kubataasisuto:20210207230729p:plain
錆びた波トタンを剥がして木目風リブ鉄板に張替えします。

解体すると土壁下地が現れました。

 

土壁の構造が基本的にはどうなっているのか?・・

下図では、↓とてもよく解ると思います。

f:id:kubataasisuto:20210207230754p:plain
小舞竹(コマイタケ)が丸見えで土壁塗りが中途半端な状態です。

土壁の裏返し塗りがまったく、されていません。

 

この土壁の出来具合を評価するならば・・

小舞竹が桁まで届いていないのが欠点です。

 

本来なら桁の下場に少しでも穴を開けて縦の竹を

差し込むのが標準の納まりです。

 

どちらかと言えば・・手抜きの部類ですが

当時は物不足など色々な事情で仕方が無かったのでしょうね。
 

おそらく当時から隣接建物が有り裏からは

土壁が塗れるようなスペースが無かったのかも?。

しかし古い波トタンを外壁に張ってあるのは

多少の作業スペースは有り施工が可能だったはず。
 

土壁は裏表を塗り小舞竹が包まれていないと耐久性は劣ります。

年代がかなり古い建物なので当時は材料不足や

節約志向で見えない裏側は省いたのかも?。

筋違い(スジカイ)の補強も無く耐震的には、とても不安定で

弱い躯体構造です。
 

この建物は縦長なので、この面に筋違いは無くても

倒壊する危険は少ない部分なので今回の工程で補強はパス。
 

すぐ横には大きな壁面が有りますので当時では

後付けの目隠し壁、程度の目的だったのでしょうか。

 

今回の外壁下地にはドウブチ材を標準打ちとして下地作り。

普及品タイプのVリブ木目鉄板を張り終えて完了。

f:id:kubataasisuto:20210207230823p:plain
見栄えは、かなり良くなりました。

 

街中の密集条件などの境界付近は、

このような納まりが各所で残っています。