住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

危険な高所軒先作業。(大型角トイと小波板の修理)

鉄骨スレート葺き倉庫の軒先修理事例です。

一般住宅とは納まりや大きさが異なる特殊な建物のメンテナンス。

屋根は大波スレートで軒先は曲がりタイプに角トイを直付けしています。

f:id:kubataasisuto:20210207223741p:plain
そのトイ受け金物が一部、錆びて脱落したり変形など

取替えが必要となりました。

そして外壁は小波スレート張り。

上部は明かりとりの為、FRP波板をフックボルト止めしています。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210207223805p:plain
そのFRP波板で端の方は強風で剥がれています。

高所なので危険で作業が困難な場所ですが外れた

フックボルトもなんとか取付直しします。

f:id:kubataasisuto:20210207223900p:plain
延長6~7mの伸縮二連ハシゴでも直立ては届きません。

わざわざ三連伸縮ハシゴを調達するのも不経済です。

足場を組むほどでも無い規模なので臨時の工夫で

なんとか届かせました。

f:id:kubataasisuto:20210207223927p:plain
けっして、真似してはならない、めったにしない

仮設手段の禁じ手です。

f:id:kubataasisuto:20210207223955p:plain
軽四バンが幸い直付けできたのでルーフキャリアの上に

足場板を乗せて二連ハシゴを使用。

角度はギリギリセーフでも限界を超した使用条件。

車両が地盤の土に駐車なのでタイヤが土にめり込み

建物より外側に傾斜すると・・

ハシゴの延長線ラインが、くの字になり

ハシゴが倒壊したり・・

f:id:kubataasisuto:20210207224020p:plain

場合によっては軽バン車両が用水の方へ横倒れの可能性も有り。

そんなリスクを回避しつつ危険なハシゴを昇り作業を続行。
 

当然ハシゴ上部の対策も必要です。

ハシゴの上部の掛かり場所が強度の無い薄いFRP波板なので

陥没しない様に当て板が必要。

そして横ズレが始まり横に倒壊する危険も有るので

横ズレ防止の控え止めやロープ止めも必要です。
 

やっとの思いで上部の軒先に到達すればトイ受け金物の

腐食は進んでいました。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210207224048p:plain
トイ受け金具の取り付けは大波スレートの曲がり材へ

ボルト止めですが 塗装でネジ山が塗膜で潰れて

簡単には、緩められない状態です。

f:id:kubataasisuto:20210207224142p:plain
錆びも有り緩み戻しは不可能なので取付ボルトは切断撤去か
又は別場所に取付となります。

トイ受け金物の裏側を調べても錆びが酷いです。

緩める事は諦めます。

f:id:kubataasisuto:20210207224207p:plain
雨晒しになる外部だけではなく一個の全体が錆びなどで

消耗限界となっています。

しかし取付ヶ所すべてを取替えでは無いので必要部分のみ、

この後に取替えしてFRP波板の剥がれも張替を終え

キケンな仮設ハシゴの使用作業は無事終了となりました。
 

今後は三連ハシゴのリースなどを利用するか?
ビティ枠組足場の部分建て仮設などで

安全に対処しなければなりません。

 

たまたま運が良かっただけに過ぎず

二度とやっては、いけない危険なやり方でした。(^_^;)