住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

物置き骨組(超、簡易施工の2例)

まず一番目の簡単な骨組例です。

 

狭い通路などに簡単な物置きなどを造る場合の骨組としては

下図のように出来ます。

下図は編集加工でコントラストが悪いです。

f:id:kubataasisuto:20210207210011p:plain
狭い空間に屋根と高さの低い外壁を造るには

骨組は45mm程度の角材で可能です。

構造材の長さが1m以内程度の小さな規模なら
柱や屋根材などの骨格は40~45mmぐらいの角材で

波板材の下地組で考慮すれば十分、持ちます。

下図は編集加工で斜め端が少しカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210207210038p:plain
外壁の下部はブロック塀などを利用してその上に

波板外壁と波板屋根を出巾1m以内なら、
これで太さはバランスも良く妥当です。
 

問題は組み方や仕口の作り方で

耐久性が大きく変わりますし止め方も重要。

適正な太さや長さを使用なら、

すべてビス止めでも可能です。
 

二番目として下図のように少し大きめの規模なら

柱など主要な構造材は75~90㎜程度の角材が無難。

f:id:kubataasisuto:20210207210210p:plain
やはり組み方や仕口が重要で家を建てる事と

ほぼ変わりない納まりが必要です。

この事例では解体した古い木材の再利用です。

 

古い解体材は見た目が黒く汚れて汚いのは

電気カンナで削れば十分な仕上りとなります。

f:id:kubataasisuto:20210207210248p:plain
しかし古材は古釘残りなどプレーナー削りは

刃こぼれしやすいので注意。

波板張りの下地用には透けて見えるので同じように

削っていなければ古い面は黒い色で外から

色違いが目立つ場合が有ります。
 

簡単な参考例としての事例なので

詳細はパスし、この件は終わります。