住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

磁器タイル補修(欠けやすい玄関ポーチの角)

玄関ポーチの床タイル補修事例です。

玄関先は出入り頻度が多く消耗が早いかも知れません。

特にポーチ床の段差タイルの角は欠けやすいし

下の画像では珍しい鋭角の変形。

f:id:kubataasisuto:20210207190509p:plain
剥がれ無くとも、鋭角のコーナーは、ひび割れしやすく

キズも目立つ場所です。

出隅コーナはノンスリップタイプの役物タイルなので

希少品で古い製造品番は入手困難。
 

余談ですが、このポーチ床のタイル割り付けは極端に

変形した納まりです。

小さな面積なのに、なぜ、こんな変形になったのか不思議な仕上。
 

タイルの一部張替え補修の要点は欠けた残り部分の

撤去要領が重要です。

f:id:kubataasisuto:20210207190553p:plain
いきなり欠け残り部分を叩きハツリ取ると、

隣の正常なタイルまで、ひび割れのリスクが有ります。

念の為に目地をダイヤモンドカッターで切断して

縁を切ってからハツリ作業が必要。

この現場では同種の物は調達せずに他の類似品で

色違いでも可能との事で別物を張り付けました。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210207190648p:plain
張り付けには即効性のあるエポキシ系の接着剤を使用。

同種タイプでは無いので違和感は残りますが

割れたままよりはマシです。

 

それよりも割り付けの変形納まりが気に残る形状。
なぜ、こんな割り付けにする必要があったのか?

当時の施工者に聞いてみたい仕上形状。

 

逆の鈍角形状の変形は多く見る事は有りますが・・

なぜ?鋭角にする必要が有ったのか?たらーっ