住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

トイレ修理5-1(古いタイプの腰掛け便器)

長年に渡るトイレのメンテナンス事例です。

十年以上の期間に何度か対処した経緯をアップします。
 

古い形の水洗トイレでイナの製品で品名はカスガディーナ。

このタイプは今でも御使用中の方はたくさん居られるはずです。

f:id:kubataasisuto:20210207172237p:plain
TOTO品とは形が異なり便座の互換性はありません。

 

形状が異なる時代の物。

当時はランクが上のグレードだったはずです。

 

今でも古い建物では多く存在します。

f:id:kubataasisuto:20210207172305p:plain
手洗い付きロータンクの中身はサイホン管の納まりが

TOTO品とは大きく異なります。

ボールタップの機能はあまり変わりませんが

サイフォン管がとにかく特別形状。

f:id:kubataasisuto:20210207172331p:plain
この画像では、サイフォン管の付近は、まったく見えませんが
ゴムフロートはTOTOとは大きく異なり、そのメンテナンスは

交換時の破損など失敗リスクが多いのです。
 

消耗しやすいゴムフロートの取替えは形状も、まったく違い、

外しにくく、入れにくく、とても困難。

昔の頃は知識が無く不用意に取替えを試みて

サイフォン管が折れた事も有りました。

その頃は取替え部品も直ぐには手に入らず応急修理は

大変な事になりました。
 

 今でも、このタイプのメンテナンスは、うかつに行うと、

とても危険です。

やはり古くなれば、どのメーカーでも樹脂類は劣化が激しく

触る程、破損の可能性が高くなります。

次に続く。