住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

ストックヤード取り付け(アルミフレームで樹脂波板仕上の標準仕様)

アルミカーポートとアルミテラスの間に

アルミストックヤードを取り付けて
隣地との境界を目隠しを兼ねて物置場にしたいとの御希望。

下図の二枚は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210207154614p:plain
既存のアルミテラス屋根を見ても解るように境界ギリギリに

軒先が有るので大雨の雨だれや大雪の時は隣地へ

落雪が問題となりやすい納まりなのが気になる所です。
 

この納まり条件は隣近所とのトラブルに発展し折り合いが

つかない場合があるので事前に確認する必要が有ります。
 

慎重に納めるなら軒先トイの納まりになっている規格品ではなく、
内谷、納まりをオリジナルで創るのが無難の場合も有ります。
 

しかし予算的に大きく異なりオーバしますので、

なんとも言えない所。
 

御客様には、お隣との問題の可能性や他の納まりで

解決する案を説明の上で規格品のアルミストックヤードを

中間に取り付けする事が決定。

但し、御隣の敷地に入り波板の張り仕舞を、したりは

しないでほしいとの事。(色々な事情がありそうです。)
 

境界ブロック塀の所有権も大切な事前確認条件。

敷地の境界線を中心でブロック塀を折半、負担なら持ち分は半々。

その場合は屋根のトイ先がブロック塀の中心より

越境しやすいので特に注意。
 

規格品のアルミストックヤードは敷地の内側から

張り仕舞できる納まりになっています。

よって境界の外側(隣地側)から作業する必要は無し。

それでも軒先トイ納まりなので作業中は、もちろん

隣地に対して落下物などは気遣いが必要。
 

屋根の軒付けフレームは既存庇が有るので一部は干渉し
アルミ屋根の一部を切り欠き突き付け納まりとなりました。

f:id:kubataasisuto:20210207154726p:plain
規格品の為、高さが限定されるのでギリギリの

納まりとなりましたが
雨仕舞いは、なんとか施工できて仕上がりました。
 

実は、この上に二階の屋根、軒先があるので

雨の吹き込みなどは、しにくい場所。

収納目的と隣地からの目隠しには都合が良いですが

通風や採光には、ある程度の犠牲を伴います。
 

厳密に言えば・・

建蔽率など建築基準法の条件が指摘される場合は

違法建築物と判定され除却対象になる可能性も有ります。

 

現実には、そんな事にはなりにくく、法律上の事だけです。

 

他には、いくらでも建築基準法違反の対象物はたくさん有ります。

 

厳密に言えば半分近くの戸数は、なにかに触れるのかも?