住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

雨洩り工事7-7(難解な内谷納まりの釉薬瓦)

前ページからの続きです。


原因調査の為に剥がした天井板を補修する前には

残った古い釘を抜く必要が有ります。

そんな時はバールよりはテコ使いの出来る腰高ニッパーが便利。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210206142252p:plain
木目の良く似た目透かし天井板を張りアルミ製のハッチを取付。

45㎝用なら本間用サイズの板でさらに端の位置で
一枚分の巾が切らずにサイズが残っていれば二枚切りせずに

一枚分で納まります。

f:id:kubataasisuto:20210206142341p:plain
開口部周辺には補強野プチを取り付けて専用金物で挟み込み固定。

下の画像に映る専用金物はアルミ枠がビスで

固定できるなら不要でも良いです。

f:id:kubataasisuto:20210206142412p:plain
アルミ枠を仮付けの場合は便利なので使用。

 

その後に脱落防止の為にビス止めが必要。

蓋は一枚物で納まればとても簡単。

下図は編集加工で斜め端がカットされています。

f:id:kubataasisuto:20210206142440p:plain
ハッチの取付要点は蓋を開けた時の向きに注意。

基本的には壁際を吊り元にするのが利に、かなっています。

蓋を閉めた状態で定期的な屋根裏点検の時は

マイナスドライバーのロック解除で開閉できます。

f:id:kubataasisuto:20210206142527p:plain
これで室内の傷んだ天井の補修は完了。

今度は外部の予備作業の改善へと続きます。