住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

ゴミ置き場の修理1-2(古い木製スノコの取替え)

前ページからの続きです。


古い板はすべて解体撤去をしてから着手。

この程度の作業でも要領と工夫が必要。

f:id:kubataasisuto:20210206111812p:plain
どんな作業でも技量や業務の取り組み方を客観的に見られ

プロらしさを測られる時が有ります。

 

※余談ですが


見られてプロらしさの度合いを測られた結果に対して

 

①なにも感じない人。

②とても気にする人。

 

③どうしようも無いと開き直る人。

大まかに3タイプに分かれるようです。
 

解体の場面では何処から始めるか?・・

有利な手順や大バールのテコ使いの要領・・など

見た目の技量はハッキリ現れます。

 

※本題に戻ります。


腐食した木部を撤去した後は錆びたボデーの表面を軽く

ケレン処理と掃除をしてペンキ塗り。

f:id:kubataasisuto:20210206111838p:plain
この時も・・何処から塗るのが有利か?も技量のうち。

そして大きな判断力としては塗ろうとするネタの量と過不足の

目安を知り全体を完了させる為に色々な条件に合わせて、

途中では修正する必要が有るか否か?の判断が必要です。
 

塗料ネタの限られた量と仕上すべき面積を目測して

完結する度合いを推測したり薄めて引き延ばす処置などが

途中で工夫できるか否か?は
大きな違いとなって色々な結果に及びます。
 

素人ぽい例としては成行主義で単にペンキ塗りをして

途中で無くなり仕上がりが出来ない。

しかも塗る順番を無視した為に見えにくいどうでも良い所から

塗って見えやすい部分が残ってしまいパスする事もできない

塗り残しとなる場合など。
 

追加塗料を買ってきても最初のネタが特殊な種類や色で

継ぎ足し塗りと仕上が合わずネタの量を補充しただけでは

全体の仕上が統一できず最初から二重手間の塗り直しとなります。
 

こんな不手際、要領の悪さは、うっかりすると様々な場面で起こります。

f:id:kubataasisuto:20210206111906p:plain
ボデーの塗装も終えでスノコ板の根太代わり板をタッピングビスで取付。

次に続く。