住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

自由扉メンテナンス(バネの増し締め調整直し)

ある事業所の外部男子用トイレの自由扉調整事例です。

場所がオープンスペースで解放状態でしたが小便器が丸見えなので
昔に当方で製作取付した扉のアフターサービス対処です。

アルミバー材と複合パネルで別注製作した物で
チョウバンは外部なのでステン自由チョウバン。

大きな不具合は長年経過後に扉が転び気味状態です。

下の画像では自由チョウバンの引き付けバネが緩くなり

頭がダレて上部が開いています。

f:id:kubataasisuto:20210206101245p:plain
不具合は接続仕口が固定不良でズレ気味も別にありました。

f:id:kubataasisuto:20210206101341p:plain
これはフレームを組み直しビス止めの改良で簡単に解決しました。

f:id:kubataasisuto:20210206101412p:plain
問題は扉自体の転び直し。

これはステン自由チョウバンの内蔵バネを調整で増し締めが必要。

f:id:kubataasisuto:20210206101503p:plain
ヒンジの左右にに内臓バネが有り左右の強弱で内開きと

外開きの停止位置を調整します。

操作はヒンジの上下、端にピン穴が多数有り細いが硬く強いピン状の

差し込み工具で回転させながらピン位置を仮止めしながら

バネの強弱を確認しながら回転、引き付け調整します。
 

チョウバンの上部は引っ張り応力が働くので

バネの利かしは強めが必要。

内臓バネの調整限界と扉本体の重量で転び調整の限界があります。
 

この理由から自由チョウバンの上下固定位置は、
なるべく離して縦長さを保つのが有利で

逆に間隔が短くなると機能的に引き付け力は不利となります。
 

そして雨曝しの外部使用は防水不良による内臓バネ類が

劣化で弱くなるかも知れません。

以上で参考の為にアップしてみました。