住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

浴室の出入り口前の床はとにかく腐りやすい!

床がフワフワしている場合で根太と根太の間だけなら、

床下から補強で解決が可能ですが

根太自体がフワフワ・・ユサユサ・・大揺れしている場合は

簡単に解決はしません。

 

構造材が腐食していない場合で隙間だけで

フワフワ・・ユサユサでしたら

床下に入れれば束の隙間をクサビで突っ張れば

直る場合が有ります。

 

しかし床下へも入れず明らかに床組全体が落ちそうな

腐食の影響で揺れているならば解体が必要かも?です。

 

あと、どのくらいの負荷を掛けると今すぐでも床が抜け落ちるか?

 

自然のままで今まで通りに使用を続ければ何ヶ月?何年?以内に

床が落ちるか?も予測できる場合が有ります。

 

浴室の出入り口、前の床は湿気の影響を受けやすく、

とても腐りやすいです。

 

とくに、このように浴室の出入り口で浴室側の床がタイルの仕上げは

水切りの納まりが悪い場合が多く、近辺の床や土台が腐りやすいです。

廊下床陥没張替え?.jpg

この現場でも土台と根太掛けで腐食が激しく床と壁面の際が

大きく口が空き沈下しています。

 

1㎝以上で隙間が空きっぱなしの場合は腐食が

かなり進んでいる現れです。

 

ここまでなる前に、もっと早めに補修すべきだったと思いますが

・・時すでに遅しで解体です。

廊下床陥没張替え?.jpg

床を剥がすと浴室廻りの土台は、かなり腐食しており、

簡単に掻き取れる所は剥がし除去します。

 

そして白蟻防除薬とクレオソートで防腐処置を施します。

 

その後に掻き取った後が大きく欠損している部分は

モルタル詰め込みで下地を作り補強します。

 

もちろんモルタル詰込み時に大きな空間は

セメントレンガを積みながらモルタル補修となります。

 

モルタルの厚塗りはダレてしまうので2~3回に時間差を利用した

塗り重ねか?急結剤を使用します。

 

モルタル詰込み補修も、ただ単に塗り付けではなく、

根太組木下地の乗せ掛に必要なモルタルの逃げ代が必要なので

木製下地がやり易く防水やモルタル補強で耐久効果が有る

納まりが必要です。

 

この辺りは大工工事と左官対応には納まりの適合加減が必要で

典型的な多能工・職のノウハウが必要となります。

脱衣場床下土台除去モルタル補修後.jpg

一発仕上げの対処策なら床の補修は当日に完了し、夜までには

通行可能で生活使用には間に合います。

 

この現場では、この後は根太掛け2本取付と45㎜角の根太材取付や

12㎜合板下地ビス止めで仕上げはCFシート張りで終えています。

 

しかし、これ以降の展開では撮影忘れか?画像などは

行方不明ですので、これにて終了します。

 

出入り口のサッシ下枠は木製下地では防水上の耐久性が無いのと

腐食部分を除去した後に再び木製下地は土台も無くなり

切っ掛けが無くなればモルタル補修がベストとなります。

 

以上、途中までの画像ですが参考の為にアップしました。