住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

古い物置の建具とレールの修理

古い賃貸物件で木造建物ですが床はモルタル仕上の古い物置で

木製建具とレールの修理です。

 

まずは、建具の開け閉めが困難でスムーズに使用できない状態で

何年も放置だったそうです。

物置建具修理?.JPG

木製引き違い建具が動かずにモルタルもレールも朽ちてしまい

調整などでは無理なので取替。

物置建具修理?.JPG

木製、引き違い建具の戸車は家主様が自分で戸車は無理やり

取替たらしいですが、まったく動かず

 

レールがダメで高さも下場を切断し削らなければ建付け不良です。

 

戸車の見た目はレールの錆が付着して汚く鉄製戸車かと思いましたが

ステンレスでしたので再利用が可能。

 

先に足元のレールをモルタル補修で仕上をしてからでないと

高さが決まりません。

 

埋め込みレールは通常の埋込足の部品を取付ては

高さが上がり過ぎなので使用しません。

物置建具修理?.JPG

レールの両端は普通なら内部の土間床の水やゴミ抜きの為に

2㎝ほど隙間を開けますが

 

ここでは両端の柱に突っ込んで固定し中間は樹脂のパッキンで

高さ調整しシリコン接着で不陸の固定です。

 

建具の建付け調整が出来る範囲の高さと直線性で

モルタル調整しながら左官仕上げをします。

物置建具修理?.JPG

こんな小さな納まりでもモルタルの特性に応じた手順と

時間差を利用したモルタルの基本ノウハウで要領が必要。

 

モルタル練りしたネタ材料の変化に合わすのが、

とても面白い体感作業となります。

 

木製建具の建て付け合わせの都合を見込んだ左官仕上げが

必要となります。

 

こんな時は、やはり多能工・職が、とても便利で有利となります。

物置建具修理?.JPG

土間、埋込レールのモルタル仕上が完成すれば1日以上おいて

その後に建具を修理します。

物置建具修理?.JPG

この建付け合わせだけでも、基本ノウハウが必要ですが

機会が有れば詳しくアップします。

 

入居者とオーナー様は、長年に渡り開け閉めが

困難だったのが解決して、とても喜んでいました。