住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

公団タイプ流し台の排水金物取替

古い二階建てアパートの公団タイプ流し台のシンクから

水漏れや悪臭が上がるので

排水金物を取替してみた事例です。

 

普及品タイプでよく見かける簡素な納まりで

排水金物は小さ目のサイズ。

 

悪臭防止のトラップ部品は最初から有りません。

流し排水取替01前シンク部分.JPG

キャビネットの中ですが排水ジャバラは古くて劣化しています。

 

柔らかいホースならUの字か?一回転ほど曲げれば

水溜まりでトラップ機能になります。

 

しかし古く硬いので、このままでは曲げると折れます。

 

しかも上部取付付近から多少、水漏れ模様。

 

この現場はアパートの二階ですが時々、階下の天井に

水漏れするとの事です。

 

この流し台の排水不良でオーバーフローした時には排水が

直結接続ではなく排水管とジャバラホースには隙間があれば

異物詰まりの時は階下にオバーフローします。

 

流し台の中にもシンクから、らしい水漏れ跡が有ります。

 

パッキンなら劣化しているはずなので締め込みでは治らず取替が必要。

 

この辺りでは判断の分かれ道です。

 

流し台、本体を取替か?部品に取替か?。

流し排水取替02前.JPG

シンク自体も錆が有り限界なので本来なら取替時期ですが

オーナー様は部品修理を御希望。

 

普通のシンクはステンレスなので、こんなに錆びませんが

純度の劣るステンレスは鉄分が多く

磁石でくっ付きますので直ぐに解ります。

流し排水取替03前上部.JPG

公団型流し台の排水金物は取替専用部品が

サンエイから販売されていますので取替出来ます。

 

直径サイズを調べて確認しておけば、ほとんどが交換が可能です。

 

しかし取り外しには専用工具が必要で

錆で固着している場合は、かなり困難。

 

根気よく丁寧にケガをしないように注意して外します。

流し排水取替04途中古排水部品撤去後のシンク.JPG

外した裏面の錆は防水不良になるので除去し平滑にしてみます。

 

古いシンクで鉄分の多い素材は錆が深いと僅かな穴あきや

プレス加工の薄い部分が欠落し防水パッキンとの密着性が

損なわれる限界状態が時々有ります。

 

この度合いが大きいと耐久性は限界を越して

本体の取替時期を過ぎている事です。

 

まさに、この事例ですが、部品を、このように

撤去してみないと解りませんが想定は必要。

 

無理やり部品交換に決定したので

コーキングしてでも取替の予定通りで続行。

流し排水取替05途中古排水部品撤去後のシンク裏.JPG

新しい排水金物はトラップが中に付いている為に深くホースも長いです。

 

排水管の曲がり付近にホースの先が当たったまま突き付けて使用すると

先が塞がれ排水不良となるので差し込んで突き当り深さを確認します。

 

下図の通り↓突き当り状態は感触で解ります。

 

この場合は約10㎝程度は切断するか?先を斜めに切るか?

曲げて排水ホースの突き当り塞がりを回避する必要が有ります。

流し排水取替06排水ホースの底着き長さ切断判断.JPG

曲げるには無理が有るので不要な長さは切断し

差し込む前には忘れないように

化粧プレートと防臭ゴムキャップ↓を

順番を間違えないように取付ます。

流し排水取替07排水ホースの底着き長さ切断後組込み順序.JPG

排水が、もしオーバーフロー気味になれば、↑この

防臭キャップで塞いでおけば完全、接続とまでは、

なりませんが階下への水漏れは多少、防げられます。

 

上部の排水カゴのシールパッキン↓なども

順番を間違えず入れて組付けます。

流し排水取替08排水部品組立中の組立順序.JPG

取付後の全体↓はスムーズに納まっています。

流し排水取替09排水ホースの完成.JPG

シンクとのツナギ付近は僅かなピンホールが有ったので

水漏れ防止に念の為にシリコンコーキングをしておきます。

 

とても汚くなりますが、ほとんど見えない場所なので

水漏れ防止を優先にします。

 

一旦、排水して水が廻り湿気た後にコーキングしても

接着不良になりますので乾燥状態の取替直後に

して置く必要が有ります。

流し排水取替10排水部品のピンホールシリコン補修.JPG

排水金具にはゴミ受けカゴが付いており

この底部分がワントラップの防臭機能で悪臭の

遡りを防いでいます。↓

流し排水取替11取替終了後のシンク側部品順番例.JPG

取替後のシンクです。

 

排水機能は改善されて、とてもよくなりました。

流し排水取替12取替終了後のシンク.JPG

サイズはピッタリで、まったく問題なく取替できましました。

 

ちなみに、このように公団型の普及タイプではない一般タイプの

シンクの排水金物はサイズや納まりが多種多様で、

もっと大きく条件は異なります。

 

まして、排水金物、本体は、ほとんど取替の必要は無く

網カゴやゴムの蓋などオプション品の追加や取替の

メンテナンス程度が多くやはりサイズや納まり形状が異なり

合わない事が多いので適合の確認は必要です。