住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

ブロック塀の積み替え03化粧ブロックの積込み

最終工程となり化粧ブロックの積込み参考例です。

 

材料の臨時置き場や作業スペースが有るか否か?で

作業効率は大きく異なります。

 

この現場では、かなり、やり易い条件です。

化粧ブロック01納品状態例.JPG

まずは一段目の積み始めです。

 

化粧ブロックの配置、割付は最初から平面計画されていなければ

後々の手順に影響が有ります。

 

積込み前には鉄筋を通過させる所は切断加工を先に済ませます。

 

ダイヤモンドカッターで荒切すれば軽く叩くだけで

欠き込み加工ができます。

化粧ブロック02鉄筋用切り込み加工?.JPG

勝手口の片開き門扉のアルミ支柱は最初から有るので

当たり部分は巾広く欠き込み加工が必要。

化粧ブロック02鉄筋用切り込み加工?.JPG

アルミ門扉の埋込ヒンジの部分も最初に穴あけ加工をします。

 

ここは、後から加工すると、大変な手間になるので先行します。

化粧ブロック02鉄筋用切り込み加工?.JPG

ヒンジの高さや向きの角度は門扉の取付後に必要な寸法や

逃げ代などを見込んで加工。

 

入れ込む予定のヒンジ金物は仮に入れて見て、

ゆとりが有るか否か?確認も必要。

化粧ブロック03門扉のヒンジ用切り込み加工.JPG

最初の加工には時間が掛りますが後は

スムーズに積込みが可能となります。

 

この一段目は20%の重要部分で後の80%や

全体の出来を左右するとも言えます。

化粧ブロック04コーナー付近と横筋.JPG

横、鉄筋の納まりには効果的な位置やモルタルの被り代など

色々な配慮が必要。

 

面倒ですが、とても面白い処でも有ります。

化粧ブロック04一段目カギ型.JPG

門柱廻りは仕上りが、特に目に付きやすい場所なので気を配ります。

化粧ブロック04一段目カギ型?.JPG

門扉の埋込ヒンジは仮に入れておき後から決めます。

 

充填モルタルで固まると修正出来ないので

詰まらないように空かす工夫が必要。

化粧ブロック04一段目カギ型?.JPG

鉄筋と金物が干渉するので最後に納まるか否か?は、

この段階で判断しヒンジの埋込代や角度に問題が有りそうなら

加工の、し直しが必要で特に注意します。

化粧ブロック04一段目の門扉ヒンジ付近.JPG

金物が関係しない所は距離は長くても簡単です。

 

長い所の問題は直線性と転び修正や目地間隔の遊び代の確認など。

化粧ブロック04一段目積み?.JPG

内側には樹木が有りますが、この程度なら、

ほとんど影響は有りません。

化粧ブロック04一段目全景.JPG

一段目の鉄筋と充填モルタルの詰込みが、ほぼ終えたら一安心。

 

二段目からは、とても簡単になります。


高さも、積みやすい位置になるので作業自体が楽になります。

化粧ブロック05二段目積み?.JPG

三段目も同じく容易です。

 

この程度の長さで数量が有ればモルタルの時間待ちペースが

丁度良い条件です。

 

端まで行くと次の段に進められる枚数です。

 

しかし、一人の場合は良いですが2~3人で積むとなれば

時間待ちがロスになります。

化粧ブロック06三段目のきっかけ積み.JPG

長い距離の部分が終えたら別の場所に移り、

なるべく時間待ちの効果を利用します。

 

同じ場所で高さを早く積み過ぎるのは

モルタルが不安定でグラツキ、とても危険です。

 

このモルタル素材が時間経過で常に変化するのを

人間が合わせられるか否か?の面白い処。

 

これらは体感でノウハウを取得するしかありません。

 

「習うより慣れろ!」と云われる通りかと思います。

化粧ブロック06三段目のきっかけ積み?.JPG

途中では常に縦筋の曲がりには気を付けます。

 

積み上げブロックが途中で影響しないような

無理な曲がりは修正が必要。

 

鉄筋の曲がりには遊び代が必要で早めに目視で事前確認します。

化粧ブロック06三段目の中間積み前の縦筋の曲がり修正の目測判断.JPG

特に縦筋と横筋の交差部分はモルタルの被り代が少なく

ブロックの穴も限界が有ります。

 

四本目の縦筋は横筋に当たり異常に内側に曲がっていますので

次の積込みには影響が出ます。

 

早めに下の既に積んである部分が動かないように曲がった縦筋を

修正する必要が有ります。

 

翌日に積むなら無理して今は曲げない方が、下の為には無難。

 

今日積むなら今すぐ修正が必要。

 

下に影響しない曲げ戻し要領が必要で、

曲げ工具を二本使用すれば可能です。

 

ページが長くなり過ぎますので次に続けます。