住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

床下点検口の取付

収納や押入などの床に点検口を取付る事例です。

 

トイレ床下からの補強や設備配管または

白蟻被害の調査などに必要だったのです。

 

階段の下に有る収納、物入の場所ですが

建物の中心で玄関ホールにも有り各部屋の床下へ、

出入りする為の侵入口にはベストの位置です。

 

枠の指定サイズにより45.5㎝角でしたので

正確に床を切断します。

 

切断後には周辺に根太材を入れ込み

枠取付の為に下地を補強します。

床下点検口03.JPG

既存の床板は5.5㎜のベニヤ材で薄く脆く蓋に再使用は困難です。

 

物入の床板なので素材が異なる厚さ12㎜の

構造用合板を使用しました。

 

蓋の裏側には補強金具がついていますが取付方向は

合板の繊維方向に対して直角が理論的には正解かと思います。

 

現実には何れの向きでも問題ないとは思いますが

拘るとすれば方向性は大切な決め所となります。

床下点検口02.JPG

御客様がフェルトの敷物を敷いていたので後で

敷き戻すので下地用の合板を使用しても見えなくなります。

 

枠と蓋を取り付けて完了です。

床下点検口04.JPG

蓋と廻りの仕上りが違いますが物入ですし

強度的には問題なく機能的な出入り口です。

床下点検口05.JPG

さっそく床下に潜りトイレの床下が埋込か?空洞か?

調べるのに基礎を穴あけ試しで埋込である事を確認しました。

 

空洞なのに閉鎖されているなら開口して通気口や

白蟻防除処理の為に穴を拡大しますが埋め戻しなら

不用意に開けると埋め戻し土などが崩れて

トイレの床下が陥没したり、まずい事になります。

床下点検口01.JPG

この調査穴から薬剤を土壌に薬液散布するのがベストです。

 

以上で床下点検口取付事例を終えます。