住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

コンテナハウスの雨漏り修理2/2

前ページからの続きです。

 

壁際に入り込んでいたジプトンボード天井材で端の方も取り去る事が出来て、次は下地の補修。

コンテナ天井修理12ジブトン撤去後、下地腐食.JPG

雨漏り跡の腐食した合板を最低限の範囲だけ切り抜くと・・こんな感じです。

 

スチール部材に5.5㎜程度のベニヤ板をタッピングビス止めの直貼りでした。

コンテナ天井修理13ジブトン撤去後、下地腐食.JPG

現状を大きく壊さずに既存下地を、なるべく残して改修すれば、なんとかなります。

 

構造合板の半端材を入れ込んで天井裏で木工ボンド接着しながら繋いでいけば

残りの周囲と繋がり安定した下地が復活できます。

コンテナ天井修理14ジブトン撤去後、下地腐食.JPG

同じ5.5㎜厚みの下地合板を切り継ぎ合わせして下地の補修は完了しました。

 

まったく問題なしです。

コンテナ天井修理15ジブトン撤去後、下地腐食補修完了.JPG

後はジプトンボードを張り戻し補修すれば良いだけで

サイズなどは問題なく合います。

 

しかし色合いだけは年数の差だけ↓色違いになるのは仕方がないです。

コンテナ天井修理16ジブトン張替完了.JPG

ジプトンボードの裏にも木工用白ボンドを付けて4㎜×25のステップルで止めます。

 

後は照明器具を取付て配線接続で管球をつけて点灯テストを終えたら完成です。

コンテナ天井修理17ジブトン張替完了.JPG

これで雨漏り跡は無くなり無事に問題は解決し、お客様はとても喜んで頂けました。

 

※屋根の構造がスチールハウスで屋根の勾配不足なので

 水の切れが悪く屋根の塗装や固定ボルトの防水が長持ちするか?否か?です。

 

次の事例もお楽しみに。


管理人仕事着.png