住いの困り事解決・モノ・事、創りで実用、実益!

住いの困り事、解決や希望実現の提供!

玄関引き違いサッシの建て付け調整

玄関引き違いサッシの建て付け調整をする場合の事例です。

初歩的な失敗例を含んでいますので・・ご参考になればと思います。

 

戸車がスムーズに動かず開け閉めが重い状態でした。

 

閉めた時の端がピッタリ閉まらず上下いずれかに隙間が空くとか。

施錠がしにくくなったとか。古い建物は色々な所が不調になりますが

 下のフレーム内部に潜む戸車の調整で建付け直しをすれば解決しやすいです。

但しレールのついている下枠に曲がりや水平に問題のない場合だけです。

 

まずは調整位置ですが通常は・・アルミサッシの場合

建具フレームの縦枠の下の方に有る穴の下側が調整穴!・・のはず。

上の穴は固定ビス用!のはず。・・という固定観念になりやすいです。

下の穴に長いプラスドライバーを差し込み右に廻せば戸車が下へ出て建具が上がる。

左廻しなら逆で戸車が引っ込み建具が下がる。・・が基本常識です。

 

建具側面の戸当たりカバーゴムに隠れて見えない事も有りますが

カバーのゴムを下から力強く捲れば調整用のバカ穴が見えるはず!。

そして自信満々で二つの穴を確認し上の穴は固定ビスのはず!・・と

ドライバーを上の穴に入れて固定ビスに当ててみて中のビス頭を確認します。

 

f:id:kubataasisuto:20201115162727p:plain

普通は下の位置が調整穴のはず・・

上がフレームの固定ビスで有るはずと確信し

あとは下穴にドライバーを差し込んで中の調整ビス左右に回せば簡単!

・・と実行してみるも???まったく手応え無し!??

多分、過去に誰かが無理な廻し方をして頭が潰れたのか?

調整ビスのネジ山がバカになったか?・・と他人のせいにします。

 

又は、古いサッシなので調整機能が

長年の劣化消耗により破損してるのだろう。・・と、

建具本体の古さのせいにもします。

 

何度もドライバーの先で調整用ビス頭の溝を探ります。

そもそもビス頭は、かなり引っ込んで外からは見えにくいので

感触だけで探し回りました。普通はビス頭にプラス溝の手応えがあり

すぐ解るはずなのです。しかし・・

 

まったく手応えが、ないので諦めかけましたが・・

なにか変な気掛かりを抱いたまま4~5分の僅かな時間を超えた辺りに

ハッと気が付き再度戸当たりゴムを、もっと捲って見ると・・

f:id:kubataasisuto:20201115162550p:plain

思い込み違いの位置間違い

やはり大きな勘違いをしていました!

上の画像のように、こんな感じで別穴を発見。

 

下枠フレームの巾が広いので当然フレームの固定ビスは

遥か上の方に有って当たり前の話。近過ぎる位置で見過ぎました。

これは・・低次元のオソマツな判断ミスの最たるもの。

 

過去に何度も巾広フレームのビス位置は経験済みでしたし

目線を離して見ながら判断すればもっと早く解る事でした。

 

窓用のサッシフレームは巾が狭いので二つ穴が多く必ず下の穴が調整穴です。

その固定観念が有りました。

 

この現場例では実際には三つの穴があり

上下はフレームの固定穴で下から二番目が戸車調整穴でした。

 

当然三つ穴でも下の端が調整穴のパターンも有りえますのでタイプで異なります。

冷静に判断しないと思い込みや経験済みの自信過剰で、うぬぼれミスが有ります。

f:id:kubataasisuto:20201119142716p:plain

管理人mw